一緒に全国を巡るバイクと八桁さん

PDF リリース全文
(655KB)

2014年6月13日

ウクレレ奏者八桁圭佑さん、カンボジアのある村のため、7月29日より自転車による全国ツアーを開始

2014/6/16

ライトウェイプロダクツジャパン株式会社

ライブの収益金の一部とカンボジアのある村で生産された和紙の売上を、村民に還元することすることを目的とした、ウクレレ奏者 八桁圭佑(はけた けいすけ)さんの自転車による全国ツアーを7月29日より開始。

 この度、当社はウクレレアーティスト八桁圭佑(はけた けいすけ)さんの自転車による全国ツアーに協賛いたします。

【目的】
7月29日より始める47都道府県を巡る全国ツアーの収益金の一部と、カンボジアのプレイキション村で生産された和紙を販売した売上を、村民に還元することで貧困のため出稼ぎを余儀なくされた子供たちが学校に行けるようにすることを目的としています。


【背景】
2011年、小学校を建設するためカンボジアを訪問。資金を募りプレイキション村にてボランティアを募り現地の大工さんや村人と共に3か月間、汗を流し小学校を完成させました。

しかし小学校は完成したものの村人のほとんどが農家として暮らしているプレイキション村では農閑期に仕事がなく、タイなどへ出稼ぎにいくしか生きて行く方法はありません。多くの場合、子どもたちは一緒に連れて行かれて農繁期に親と一緒に戻ってきても授業ははるか先まで進んでいるのでついて行けず、次第に行かなくなる子供が殆どです。この状況を打開するために出稼ぎをしなくても良い、大人たちが働ける場所を作ろうと考えたことが、このプロジェクトを始めるきっかけになりました。
そのために2013年12月から2014年2月まで、全国28カ所でツアーを開始。手売りしたCD818枚の売り上げの一部や全国から頂いた寄付金、イベントの収益金にて3月25日、プレイキション村に和紙生産のための作業所を建設しました。

    
【今後の方針】
カンボジアで生産された和紙を日本全国で販売し1枚100円にて販売、1000枚を売り上げることを目標としています。和紙の売上を村の収益とする、収益により子どもたちが隣国に出稼ぎにいくことなく学校に通えるようにする。そして3年後には隣町にある日本人事務所を撤退し、勉強した子どもたちが自分たちで学校を建設し産業を興す。このようなプレイキション村の経済的な自立の連鎖を作っていくことが将来の方針です。


【内容とスケジュール】
6月1日(土):カンボジアについての写真展を高円寺のカフェ「スマイルアース」にて開催。
7月1日(火):現状の確認、和紙生産の補助のためカンボジアへ渡航。
7月29日(水):自転車による全国ツアー開始。
12月7日(日):青葉台にゴール。
12月14日(日):ツアーファイナルを青葉台のライブハウス「フィリアホール」にて行う。


【写真展 ご案内】
会期:2014年6月1日(土)~6月30日(月)
会場:高円寺カフェ&バー「スマイルアース」
住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-21-6 2F
時間:17時~24時(月、火)12時~24時(水~日)
JR高円寺駅から徒歩8分、丸の内線新高円寺駅から徒歩5分


【プレイキション村】
国:カンボジア王国
州:シェムリアップ州
人口:約500人
世帯数:77世帯
カンボジアの北西部に位置し、アンコールワット遺跡群で有名なシェムリアップから車で1時間45分程度の距離。村民の殆どが農業に従事し、農閑期には隣国へ出稼ぎにいきます。


【プロフィール】
八桁 圭佑(はけた けいすけ)

ウクレレアーティスト、NPO法人はちどりプロジェクト所属
1986年08月24日生まれ
出身地:神奈川県横浜市青葉区
ホームページ
http://wakuwaku-entertainment.jimdo.com/

ヒッチハイクで日本縦断。沖縄では2年間テント暮らし。カンボジアでは学校を建設。異色の経歴を持つアーティスト。2013年12月、ヒッチハイクによる全国ツアー同時開始し、3か月間で818枚を手売りし、カンボジアに和紙生産のための作業所を作る。

2009年 大学卒業後、沖縄の山奥の飲食店で働きながら2年間テント暮らしをする。
2012年 カンボジアに学校を建設する。
2013年 CDデビューを果たし、ヒッチハイクで全国ツアーをする。
2014年 3月、カンボジアに和紙生産の作業所を建設する。
    7月、生産された和紙を販売するため、自転車による日本一周ツアーを開始。