大坂の陣400年プロジェクト実行委員会

PDF リリース全文
(428KB)

2014年6月11日

大坂の陣400年天下一祭 開催概要が決定 大阪城を舞台に戦国時代へタイムスリップ! 

2014.6.11

大坂の陣400年プロジェクト実行委員会

大坂の陣400年天下一祭 開催概要が決定

大阪城を舞台に戦国時代へタイムスリップ!
武将体験hall&SAMURAIミュージアムや大坂の陣ARなど、
4KやARなどの最新技術を搭載したイベントが満載
 「大坂冬の陣」は、2014年10月1日(水)から12月31日(水)まで開催!
2015年春・夏には、「大坂夏の陣」も開催します。

 大坂の陣400年プロジェクト実行委員会では、2014年・2015年が、大坂冬の陣(1614年)・大坂夏の陣(1615年)から数えて400年を迎える節目の年にあたることより、両年を「大坂の陣400年」と位置づけ、大阪の培ってきた歴史・文化やまちの魅力を国内外に広く発信し、大阪を活性化させるために「大坂の陣400年天下一祭」を開催します。
 この「大坂の陣400年天下一祭」のコアイベントとなる「大坂冬の陣」の実施概要が決定しましたのでお知らせします。また2015年春・夏には引き続き「大坂夏の陣」も開催します。
 「大坂の陣400年天下一祭」の期間中はコアイベント「大坂冬の陣」以外にも様々なイベントや催しが大阪城周辺をはじめ、大阪府内各地で開催されます。大阪府内の市町村や大坂の陣ゆかりの市町村、また民間団体の参加事業とも連携し、大阪城周辺はもちろん大阪全体で、大きな賑わいを生み出します。

■「大坂の陣400年天下一祭」開催概要

名称       大坂の陣400年天下一祭
キャッチフレーズ 大きく夢見るまち、大阪
主催       大坂の陣400年プロジェクト実行委員会
開催期間     大坂冬の陣:2014年10月1日(水)から12月31日(水)まで
          大坂夏の陣:2015年春・夏(詳細決定後、発表)
会場        大阪城公園全体(大阪城本丸・西の丸庭園・極楽橋、太陽の広場など)
          および大阪府内全域
公式ホームページ http://www.osakanojin400.com/

■「大坂冬の陣」実施概要

開催期間 :2014年10月1日(水)~12月31日(水)
開催場所 :大阪城周辺(天守閣・本丸広場・西の丸庭園・極楽橋周辺、太陽の広場など)

<みどころ>
 大坂の陣400年天下一祭「大坂冬の陣」では、「大阪の豊かな歴史や文化、あるいはこれからの大阪の姿を、楽しみながら学べるフェスティバル」の象徴として、極楽橋周辺で戦国時代にタイムスリップできるアミューズメントゾーンの「武将体験hall&SAMURAIミュージアム」や、西の丸庭園に設置する「大坂の陣400年 西の丸ドーム」、そして天守閣の展望台で展開する「大坂の陣AR」など、各会場で様々な事業を展開します。
 さらには、普段は立ち入ることができない大阪城の櫓(やぐら)の特別公開や、大阪城本丸で行う天下一お祭り広場での常設イベントなども開催します。また、PR武将隊「大坂RONIN 5」を結成し、大阪城内でのステージ出演や来場客のおもてなしを行うなど、「すごいこと、おもしろいこと、うまいもんなら天下一」という心意気のもと、おとなも子どもも、そして海外からのお客様も、このまちの歴史と文化を楽しみながら学べるイベントを数多く開催します。
 また、大阪府内の各所で開催される市町村や民間団体の参加事業とも連携し、大阪城周辺はもちろん、大阪全体で、大きな賑わいを生み出します。

■主な事業について

○「大坂の陣AR」
エリア:大阪城本丸 
開催期間  2014年10月1日(水)~12月31日(水)
開催場所  大阪城天守閣 8階展望台
開館時間  10時~17時(大阪城天守閣の最終入館時間に準じる)
料金        500円 ※別途、大阪城天守閣の入場料が必要です。
 天守閣の展望台で、最新のAR技術を用いた大坂の陣を体験学習できるアプリを搭載した専用タブレットをかざすと、現代のまち並み・風景に重ねて、大坂の陣の軍勢配置や人物エピソードなどが浮かび上がります。アニメーションの歴史ドラマ仕立てで、手軽に楽しみながら様々な史実を学ぶことができます。専用タブレットでご自身を撮影すると顔写真入りのカードがもらえます。海外からのお客様のために、英語、中国語でも楽しめます。

○「武将体験hall&SAMURAIミュージアム」
エリア:極楽橋
開催期間  2014年10月1日(水)~12月31日(水)
開催場所  極楽橋周辺
料金      大人1000円、中学生・高校生500円、小学生200円、小学生未満無料
※施設内には、別途料金がかかる催事もあります。
 極楽橋エリアでは、海外からの観光客や子供たちにもわかりやすく、楽しいエンターテイメント空間として、より多くのお客様にご来場いただき、戦国時代へタイムスリップしてから、天守閣や大阪城公園の回遊に向かっていただける武将体験hallとSAMURAIミュージアムを中心に構成します。また、飲食・物販エリアも設置します。
・武将体験hall
武将体験hallでは、芝居小屋兼大阪城映像体験スペースの「NINJA hall」を設置します。ここでは、通常時には、ラジコンヘリで撮影した大阪城のダイナミックな3D映像が楽しめます。さらに侍・忍者ショーや音楽ライブなどの特別イベントも開催します。また、武将や忍者に着替えて変身気分を味わえる「なりきり武将体験」のコーナーも設置します。
・SAMURAIミュージアム
迫力ある映像で来場者を出迎える「映像トンネル」や、3台のカメラと3面のモニター群で再現したエッゲンベルク城の金屏風などを体感できる「12K3ディメンション」、ホログラム投影技術で再現する「ホログラム秀吉」など、 最新テクノロジーで戦国時代の光景を体験していただきます。

○「大坂の陣400年西の丸ドーム」
エリア:西の丸庭園

開催期間  2014年10月1日(水)~12月上旬
開催場所  西の丸庭園
料金        催事によって異なります 
 西の丸庭園に直径36mの巨大テント「大坂の陣400年 西の丸ドーム」が出現します。このドームの内部および外部は、全天周360度の映像を投影することができます。ドーム内で、大坂の陣をテーマにした映像を投影します。 この西の丸ドームでは、期間中の週末を中心に、国内外で人気の高いアーティストによるイベントを実施します。また、文化価値の高い日本ならではの伝統芸能など、感動や興奮に出会えるイベントが開催されます。さらに、ドームのスペースは府民や市民、学生など、一般にも開放し積極的に利用していただきます。

○「櫓(やぐら)特別公開」
エリア:大阪城公園全体
開催期間  2014年10月1日~12月31日(水)の期間中、数回の公開を予定
公開する櫓 千貫櫓・多聞櫓・一番櫓・六番櫓・金蔵 ※5カ所の中から公開する櫓を検討中
開催時間  10時~17時
料金        500円(予定)
 通常は立ち入ることができない重要文化財の櫓や蔵を特別公開します。公開される櫓では、解説パネルを展示し、わかりやすく解説してくれる案内スタッフも配置します。歴史ファンはもちろん、一般の大人や子どもたちにとっても興味深く大阪城を見学、学習できます。

※会場内では上記以外にも有料事業を実施予定です。上記以外の有料事業の料金は実施内容によって変わります。

■その他の事業について

○PR武将隊「大坂RONIN 5」の結成
「大坂の陣400年天下一祭」のPR活動のために、豊臣軍の主力として最後まで果敢に奮戦した浪人5人衆である真田幸村、毛利勝永、長宗我部盛親、後藤又兵衛、明石掃部をキャラクターにしたPR武将隊を結成します。関西および大阪府内各所で開催される各種イベントへの出演のほか、全国に向けてPR活動を行います。また「大坂冬の陣」開催中は、会場内でのステージ出演や記念撮影などでお客様をおもてなしします。
公式ホームページ http://west-patch.com/ronin5/