gooブログ多言語化対応

2014年6月12日

2014年度 海外向けサービス強化策 第3弾!「gooブログ」にて多言語化対応、海外からのアクセスを拡大!

2014年6月12日

NTTレゾナント株式会社

2014年度 海外向けサービス強化策 第3弾!
「gooブログ」にて多言語化対応、
海外からのアクセスを拡大!
URL:http://blog.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、海外向けサービスの強化策第3弾として、「gooブログ」の多言語化対応サービスを開始します。
 今後拡大が想定される日本語サイトの多言語化ニーズにいち早く対応することで、海外からの「gooブログ」へのアクセス拡大を目指します。


1. 背景
 5~6年後の2020年付近に大型スポーツイベントが日本で開催されることが決定した影響で、今後ますます、海外から日本への注目が高まり、多くの外国人が来日する事が予想されています。
 地域や店舗、日本文化など多岐に渡る豊富な情報が集まっている「gooブログ」においても海外からの一定量のアクセスが既に存在しております。これらの情報を各言語に自動翻訳出来るようにすることは便利であると考え、これから増えていく訪日外国人などに向けた多言語化対応サービスを導入する事で、アクセスのさらなる拡大を目指します。


2. サービス概要
 「gooブログ」がデフォルトで提供する翻訳言語は19言語(※1)です。翻訳機能はGoogleの提供するGoogle翻訳を採用する事で対応します。画面右上から翻訳したい言語をセレクトすると、簡易的に希望の言語を表示することが出来ます。これにより、外国人から需要が高いと想定される日本文化、地域情報、店舗情報等へのアクセスを促進します。


(※1)アラビア語、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、スウェーデン語、スペイン語、タイ語、
ドイツ語、トルコ語、フィンランド語、フランス語、ベトナム語、ポーランド語、ポルトガル語、
ロシア語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)の計19言語。

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上