PDF リリース全文
(1,025KB)

2014年6月12日

リカちゃんハウス 「おしゃべりスマートハウス ゆったりさん」 7月19日(土)新発売のご案内

2014年6月12日

タカラトミー

リカちゃんファミリー、スマートタウンへお引越し!
リカちゃんハウス 「おしゃべりスマートハウス ゆったりさん」
7月19日(土)新発売のご案内
ARアプリ連動! 遊びながらエコへの気づき促進
日本おもちゃ大賞2014 エデュケーショナル・トイ部門 優秀賞受賞!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/所在地:東京都葛飾区)は、着せ替え人形「リカちゃん」の新たな世界観として「ちょっぴり未来を感じさせる新しい街“スマートタウン”(※1)」のストーリーを展開いたします。また、リカちゃんファミリーがお引越しする新しいおうちとして、住宅メーカーのパナホーム株式会社(代表取締役社長:藤井康照/所在地:大阪府豊中市)と共同で企画・開発したリカちゃんハウス「おしゃべりスマートハウス ゆったりさん」(希望小売価格:6,500円/税抜き)を、2014年7月19日(土)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ等で発売いたします。

 本商品は、近年の環境配慮型の住宅に対する関心の高まりを受け、リカちゃんハウスの人気シリーズ「ゆったりさん」(※2)の最新作として発売いたします。パナホームが販売するスマートハウス『エコ・コル ディス』の一部の要素を遊びに取り入れており、環境配慮の心を育むおもちゃとして、タカラトミーの環境配慮の自社基準を満たす『エコトイ』(※3)としても認定されています。

■商品の特徴
・20種類以上の音声:ママからの電話やインターホン、お鍋で具材を煮る音などに加えて、「冷蔵庫ちゃんと閉めてよね!」といったエコへの気づきを促す内容も盛り込まれています。
・付属の小物:家具や調理小物、お掃除ロボット等のほか、新たに「ホームスマートモニタ」「液晶テレビ」「エコバッグ」が加わりました。「ホームスマートモニタ」は『エコ・コルディス』にも採用されている、太陽光発電システムの発電状況などを画面に表示するHEMS(ヘムス)モニタを模した小物です。
・収納時の外観:『エコ・コルディス』をイメージしたイラストが描かれています。

■ARアプリとの連動
ARアプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットを、本商品のARマーカー部分にかざすとムービーやミニゲームなどを楽しむことができます。エコを身近に感じ学べる内容も取り入れています。
・ムービー(例):インターホンモニターにパパやママが映ったり、テレビ画面からは天気予報の番組が流れるほか、「ホームスマートモニタ」では発電している表示画面が見られます。
・ミニゲーム(例):「雲を消して太陽光発電」をするミニゲームやエコに関するクイズなどが楽しめます。

 本商品は、一般社団法人日本玩具協会が選定する「おもちゃ大賞2014」において、子どもの知育・教育に特に貢献する玩具「エデュケーショナル・トイ部門」で優秀賞を受賞いたしました。リカちゃんでの「ごっこ遊び」を通して子どもたちの社会性を育んでいくことに加えて、環境配慮の様々な事象に親しみ、学ぶきっかけをつくる商品として展開してまいります。

≪リカちゃん×パナホームのコラボレーションについて≫
 スマートハウスをテーマにしたリカちゃんハウスの企画にあたり、1963年の創業以来、約50年にわたり住まいづくりに取り組み、スマートハウスを積極的に推進するパナホームとのコラボレーションが実現しました。同社が販売する『エコ・コルディス』は、10kW以上の大容量太陽光発電システムを搭載し、消費するエネルギーよりも創り出すエネルギーが3倍近くにもなるスマートハウスです。
今回、リカちゃんハウスの共同開発のほか、パナホームでは、オリジナルキャラクター「スマートリカちゃん」の採用や、リカちゃんファミリーを起用してのプロモーション展開が行われています。また、2社で協同し、イベント等で子どもたちに向けた情報発信を行うなど、環境貢献活動の取り組みを進めてまいります。
※リカちゃんと一緒に、エコとスマートなくらしについてお伝えする
“パナホーム×リカちゃん”コラボサイト(6月21日オープン予定)  
ホームページアドレス:www.panahome.jp/licca

(※1)リカちゃんファミリーがお引越しする新しい街「スマートタウン」は、子どもたちにちょっぴり未来を感じさせるおしゃれで便利な街という設定です。ハンバーガーショップやショッピングモール、遊園地などがあり、緑いっぱいの楽しい街です。 リカちゃんのおうちが太陽光で発電できるという設定となっており、本商品ではARアプリと連動する遊びで表現いたしました。

(※2)「リカちゃん」は、1967年に誕生した当初から、「家」である「リカちゃんハウス」と一緒に展開されてきました。以来、日本の文化や時代、流行を反映しながら、少女たちの憧れの暮らしを形にした商品を発売してまいりました。
・初代「リカちゃんハウス」:「ドリームハウス」という商品でその名の通り“女の子の夢がつまったハウス”をコンセプトに開発され、バッグ型で、レースのカーテンにソファとテーブルの応接セットがついたハウス。
・1968年「リカちゃんトリオハウス」:ベッドルームとリビングルームがある一軒家タイプ。
・1971年「リカちゃんマンション」:当時の憧れだったマンションに階段付きの屋上テラスも付いている贅沢なハウス。
・1984年「リカちゃんハウス ゆったりさん」:マンションの一戸分を平置き型の形状で表現したハウスで、2LDKと3LDKの2種類を発売。ベッド、風呂、ソファ、システムキッチンなど、家電やインテリアに至るまで再現したハウス。その後も「ゆったりさん」と呼ばれるこのシリーズは様々な商品が開発され、現在まで続く人気シリーズとなっています。

(※3)「エコトイ」の基準のうち、「きづいてエコ」の基準を満たします。これは、環境に配慮した行動を遊びの中で体験することで、環境の大切さについて考えるきっかけとなるおもちゃです。エコの内容は、開発段階から「GPN(グリーン購入ネットワーク)事務局」「エコマーク事務局」のアドバイスの元、作成しています。

< 商品概要 >
商品名:「おしゃべりスマートハウス ゆったりさん」
発売日:2014年7月19日(土)
希望小売価格:6,500円/税抜き 
商品内容:ハウス本体、液晶テレビ、ホームスマートモニタ、エコバッグ、
キッチン、ベッド、おふろ、ソファー、靴箱・玄関扉、
ピーちゃん(オカメインコ)、ドッグフード、ブラシ、トイレ、テーブル、
ダイニングテーブル(椅子一体型)、フォーク、スプーン、おたま、フライがえし、
包丁、お皿、コップ、まな板、電話、鳥かご、おなべ、おそうじロボット、シャンプー、コンディショナー、せんざい、新聞や食材・料理などの紙小物シート
サウンド機能:①ピーちゃん(オカメインコ)がおしゃべり②インターホン③蛇口④テレビ(リモコン)
⑤おなべ(IHコンロ)⑥電話⑦電子レンジ
使用電源:単3形アルカリ乾電池3本使用(別売り)
商品サイズ:収納時/箱型   :縦約18㎝、横42㎝、高さ約29㎝
:展開時/平面展開:縦69㎝、横約95㎝
販売目標:初年度10万個
著作権表記:(C) TOMY
公式サイト:http://licca.takaratomy.co.jp/  
※エコトイの詳細はこちらからご確認ください http://www.takaratomy.co.jp/eco/
対象年齢:3 歳以上

アプリ名「リカちゃんスマートハウスゆったりさんアプリ」
提供形態:iPhone、iPad(iOS5.0以上)、Android搭載端末(AndroidOS2.3.3以上)
 ※機種によって、OSのバージョンが合っていても動作しない場合があります。
アプリ価格:無料
リカちゃん公式ホームページからもダウンロードできます。