カレイナニ早川最高顧問、第1期生、現役フラガールリーダー大森梨江、新人50期生

2014年6月9日

日本唯一のフラガール養成学校として50年 「常磐音楽舞踊学院50周年記念 東京公演」 記者発表会を開催

2014年6月9日

常磐興産株式会社
スパリゾートハワイアンズ

日本唯一のフラガール養成学校として50年
「常磐音楽舞踊学院50周年記念 東京公演」
記者発表会を開催

 スパリゾートハワイアンズの専属ダンサー“フラガール”(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)を養成する常磐音楽舞踊学院(学院長:井上直美、福島県知事認可各種学校)は、今年50周年を迎えました。その記念事業の一環として、7月9日(水)、東京国際フォーラムにて「イムア・未来へ」(イムア=ハワイの言葉で前進の意味)と題して特別公演を開催します。

 これに伴い、9日(月)、「常磐音楽舞踊学院50周年記念 東京公演」記者発表会をスパリゾートハワイアンズ内ラピータにて開催し、当学院の歴史や公演の概要説明と、当日一般初公開となる常磐音楽舞踊学院歌を特別に披露しました。

 常磐音楽舞踊学院は、「常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)」が昭和41年に開業したのに先立ち、前年の昭和40年4月に日本で初めてのフラダンス、ポリネシアン民族舞踊専門の学校として開校(昭和43年12月 各種学校として福島県知事の認可)。以来50年にわたって300人を超えるフラガールを輩出してきました。

 炭鉱と家族を救うために立ち上がった第1期フラガールの精神は現代までしっかりと受け継がれ、東日本大震災後に行った「フラガール全国きずなキャラバン」では多くの人々に笑顔と元気を届け、福島復興のシンボルとして活動しました。現在では全国の小学校を訪問し、出前授業を通じて“あきらめないことの大切さ”を子供たちに伝え続けています。

 記者発表会では、井上直美・常磐音楽舞踊学院長が登壇し、「本年4月1日に常磐音楽舞踊学院は50周年を迎えました。奇しくも宝塚歌劇団は100周年ということで、我々も先輩を見習ってこれから100年続けられるように頑張っていきたいと思います。今回の東京公演では、当学院とたいへん縁の深い本場ハワイからのゲストや日本のアーティストとコラボレートして、楽しく、且つ華やかに日本フラ文化発祥の50年をお祝いします。一度きりの特別公演ですので、ぜひともたくさんの方々にご覧いただきたい」と語りました。

 また学院誕生からその歴史を見守り続けているカレイナニ早川・常磐音楽舞踊学院最高顧問は、「50年前は全員が寮生活だったため、最初に入学した18名の生徒の母親になったり姉になったり、教師になったりしながら、私もこの学院で一緒に育ってきました。また、第一回目のキャラバンで全国各地を周り大変な苦労も経験した私には、東日本大震災を乗り越えて、全国きずなキャラバンを敢行したフラガールの姿があの頃の自分たちと重なり感無量の思いでした。今回の公演では、それらのさまざまな思い出を盛り込んだプログラムにしております。これからの未来を担う学院の生徒たちには、“イムア=前進”の心を持ち続けながら、学院でしっかり青春時代を過ごして欲しい」と期待を込めました。

 現役フラガールのリーダーのモアナ梨江は、「50周年という半世紀を迎えるにあたって、私たちもこれまでの歴代の先輩方が築き上げてきた誇りや重みを感じております。それに恥じないように、次の50年に向かう日となる7月9日は、ダンシングチームメンバー41名が一丸となって公演を成功させるために頑張りたいと思います」と意気込みを語りました。

 発表会では、これまで一般に公開したことがなく東京公演で初お披露目となる、常磐音楽舞踊学院の学院歌も一足早く披露されました。当日の公演では、学院の制服に身を包んだ現役フラガール全員が斉唱します。

 最後は、50年の歴史の中で300人を超えるフラガールを育成してきたカレイナニ早川・最高顧問と現役フラガールリーダーのモアナ梨江、そしてこの日のために特別に参加した常磐音楽舞踊学院の第1期生と、東京公演でステージデビューする新人50期生をまじえて、常磐音楽舞踊学院の歴史と未来を象徴する華やかなフォトセッションで飾られました。

 7月9日(水)の本公演では、楽曲「海の唄」の提供でフラガールと親交がある沖縄を代表するバンド・BEGINの皆さんや本場ハワイのアーティストなど、学院にゆかりのある多彩なゲストとのコラボレーションを実現。また第50期生となる今年の新人フラガール6名がステージデビューいたします。

 尚、福島の復興を担う子供たちへの支援・協力を継続的に行いたいという考えのもと、本公演のチケット料金は、さまざま体験活動を通じて福島の子供たちの成長支援に取組む「公益財団法人東日本大震災復興支援財団」の「福島こども力プロジェクト」に、全額寄付いたします。

 フラガール50年の歴史を集約し、これまでの感謝と未来への祈りを込めた、たった一度だけのメモリアルステージを披露します。

                                  <記>

■常磐音楽舞踊学院50周年記念 東京公演「イムア・未来へ」

【日時】平成26年7月9日(水)18時開場/18時30分開演

【場所】東京国際フォーラム ホールA 

【主催】常磐音楽舞踊学院50周年記念 東京公演実行委員会
      
【後援】観光庁、福島県、茨城県、いわき市、北茨城市、横浜市交通局、
    日本商工会議所、東京商工会議所、いわき商工会議所、東日本旅客鉄道㈱水戸支社、
    いわき観光まちづくりビューロー、いわき湯本温泉旅館協同組合、
    福島民報社、福島民友新聞社、茨城新聞社、いわき民報社、
    福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、
    ラジオ福島、いわき市民コミュミティ放送

【料金】S席5,000円/A席2,500円   ※福島のために全額寄付

【購入方法】
チケットぴあ TEL 0570-02-9999(Pコード434-762)  http://t.pia.jp/
またはチケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクス各店
※一部、取り扱いのない店舗がございます

【出演】
スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム
ファイヤーナイフダンサー(ファイヤーのパフォーマンスはありません)
斉藤和雄とエテネタヒチアンズ

【ゲスト】
日本のアーティスト
・浅野孝已(ゴダイゴ ギタリスト)
・BEGIN
・大島花子
     
ハワイのアーティスト
・Chinky Mahoe(チンキー・マホエ)
・Moon Kauakahi(ムーン・カウアカヒ)
・Blaine Kia(ブレイン・キア)
・Derek Nuuhiwa(デレック・ヌウヒワ)
・Keala Ching(ケアラ・チン)
・John Naki(ジョン・ナキ)
・Kahalepuna Richardson Naki(カハレプナ・リチャードソン・ナキ)
・Pomaika’i  Lyman(ポーマイカイ・ライマン)
           
【MC】 
第1部 唐橋ユミ
第2部 アート梅津

【公演内容】
第1部 50年の歩み
シーン1 オープニング映像
シーン2 オープニング
シーン3 懐かしのフラメドレー
シーン4 映画フラガール
シーン5 BEGINとの共演
シーン6 フィナーレ

第2部 イムア・未来へ
シーン1 ハワイアンゲスト出演
シーン2 イムア・未来へNOW(サモア、ニュージーランド、タヒチの踊り)

【同時開催】
福島県いわき市物産展
※同フォーラム地上広場(予定)

【公式サイト】http://www.hawaiians.co.jp/special/50th/

【問い合わせ】スパリゾートハワイアンズ東京営業所内事務局  TEL 03-5645-7078