PDF リリース全文
(489KB)

2014年6月9日

オールアバウト、花王共同「こじらせ女子の生活実態に関する調査」

2014年6月9日

株式会社オールアバウト
花王株式会社

【オールアバウト、花王共同調査】
「こじらせ女子の生活実態に関する調査」を発表
~"こじらせ女子"はカラダもココロもこじらせがちな傾向に!?~
~こじらせ女子の約9割が夏場でも部分的な冷えを感じる"まだら冷え"を経験~
~夏場の"こじらせ女子"の不調は湯船への入浴不足が原因?~

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、
代表取締役社長 兼 CEO:江幡哲也)と、花王株式会社(本社:東京都中央区)は、
1都3県在住の20代~4 0代の独身女性876名を対象に、2013年の流行語大賞にも
ノミネートされた"こじらせ女子"の生活実態に関する調査を共同で実施いたしました。



———————————————
 調査結果のポイント
———————————————

●女性のうち3人に1人が“こじらせ女子”を自覚している。
 自覚している“こじらせ女子”の特徴は「甘えたり、可愛らしさを演出するのが苦手」

●“こじらせ女子”の方が「冷え症」はじめ体調面での不調をより多く感じている

●夏場、部分的に冷えを感じる”まだら冷え”を経験した”こじらせ女子”は約9割。
 その際、冷えを感じやすいのは「足先」、「手先」といった末端部分や「お腹」など

●夏場の”こじらせ女子”の入浴スタイルは「毎日湯船に浸かる」が約3割




■調査結果につきましてはPDFをご覧ください:
http://corp.allabout.co.jp/files/2014/06/140609_01.pdf

■プレスリリースのURL:
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2014/140609_01.html



————————————————————————–
 All About「女性の病気」ガイド
  清水なほみ氏のコメント
 http://allabout.co.jp/gm/gp/76/
————————————————————————–

女性は男性に比べて筋肉が少ないので、筋肉によるポンプ作用が働かず、血液の流れが
悪くなりがち。また、血管が細くて末端まで血液がいきわたりにくかったり、骨盤の形の
特性上、骨盤内にも血液のうっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)が起きやすい
ため、手足の先や下腹部などが冷えやすく、夏でも冷え性で悩む人は多いのです。
いつも手足が冷たい・お腹が冷えやすい・月経不順や月経痛がひどいといった症状が
ある人は要注意です。

冷え性対策には、物理的に体を温めたり、血行をよくしたりすることが大切です。
体を冷やす飲み物や食べ物は避けて、体を温める食品を積極的に摂るといいでしょう。
特に体を冷やすのは、精製された白いお砂糖です。甘い物が欲しい時は、お砂糖が使われ
ている物は避けて、はちみつやメープルシュガーや黒糖など、体を冷やさない物を選びま
しょう。また、軽い運動やストレッチを定期的に行い、入浴はゆっくり30分程度湯船に
つかると効果的です。炭酸入浴は、お湯に溶け込んだ炭酸ガスが皮膚から吸収される
ことによって血行が良くなり、体感温度が上がるため体に負担をかけずにしっかり
温まることができます。

血行が悪く体が冷えているとホルモンの働きも悪くなり、自律神経のバランスも
崩れやすくなってしまいます。ホルモンバランスの乱れは、月経不順や更年期障害に
似た不調の原因になるだけでなく、イライラや抑うつなどメンタル的な症状を
引き起こすこともあります。



————————————————————————–
 All About「恋愛」ガイド
 ひかり氏のコメント
 http://allabout.co.jp/gm/gp/866
————————————————————————–

調査結果にもでているとおり、こじらせ女子と呼ばれる方の多くは、いまの自分に
ちょっぴり自信がなく、ありのままの自分を受け止められていないのではない
でしょうか。良い恋愛をするためにも、まずは「自分を好きになる」というのは、
とても重要なことです。自分を好きになることが、人を好きになる第一歩です。
自分の心に愛を増やすことでようやく、人にも愛を与えられるだけの余裕が
生まれます。また、ありのままの自分を受け止められないと、相手に受け止め
られることで安心しようと、やや負担をかけ、男女間でのすれ違いを生んで
しまうことはよくあることです。こじらせ女子の体が不調になりやすい原因には、
「自分を受け止められていない」というココロの面での”こじらせ”も、大いに
関係していると思います。自分をきちんと受け止め、愛するようになると、
自然と自分の“体の声”を聞き、今まで以上にケアをするようになると思います。
こじらせ女子を自覚している方は、ゆっくり湯船に浸かる習慣をつけられると
いいですね。1日の終わりに過ごすバスタイムを、自分の“心の声”をよく聞き、
受け止め、労わってあげる時間にすると、随分、心と体の状態が変わって
くるはずです。素敵な恋をGETするためにも、健康のためにも、自分をもっと
大切にしてあげましょうね。



————————————————————————–
 花王株式会社 パーソナルヘルス事業グループ
 草間智子氏のコメント
————————————————————————–

夏もお風呂に浸った方がいいということはわかっていても、暑くてお湯に浸かるのが
億劫だという方は多いと思います。ですが暑い夏こそ、元気に乗り切るためにお風呂に
浸かることが大切です。冬のように熱いお湯でなくても大丈夫です。38℃くらいの
ぬるめと感じる湯加減なら、肌もほてりにくくゆったり気持ちよく浸かれます。
さらに、炭酸入浴剤を入れるとお風呂の効果を高めてくれ、だるい疲れや冷え症に
効果があります。炭酸入浴剤にも、爽やかな香りのものやクールタイプなど、
この時期にぴったりのラインナップがたくさんございます。是非お好みの入浴剤を
取り入れて夏のお風呂をお楽しみいただければ幸いです。



——————————————————
 調査概要
——————————————————

・調査期間:2014年4月15日(火)~4月21日(月)
・調査地域 :東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県
・有効回答数:876件
・調査方法:インターネットリサーチ
・年代:20代235(26.8%)、30代319(36.4%)、40代322(36.8%)



■All Aboutでの関連記事
http://allabout.co.jp/1/237832/1/product/237832.htm


——————————————————————————-
オールアバウトについて URL:http://corp.allabout.co.jp/
大日本印刷株式会社と株式会社リクルートホールディングスを大株主とする株式会社
オールアバウトが運営するAll Aboutは、約1,300のテーマごとに、専門の知識や経験を
持った人=「ガイド」が、その分野に関する情報を提供する総合情報サイトです。
2001年2月15日のサイトオープン以来、順調にユーザ数を伸ばし、月間総利用者数は
約3,170万人(2014年5月実績、スマートフォン、モバイル含む)となっています。
独自記事の展開を中心にシステムだけでは到達しない満足度へ“人”が編集・ナビゲート
するサービスです。
——————————————————————————-