【図1:母の日に関するツイート数の時系列推移】

PDF リリース全文
(476KB)

2014年5月12日

「母の日」プレゼントの主流はモノからコトへ ~Twitter分析でみる、感謝の伝え方~

2014年5月12日(月)

株式会社ホットリンク
株式会社ホットリンクコンサルティング

「母の日」プレゼントの主流はモノからコトへ
~Twitter分析でみる、感謝の伝え方~

株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区、証券コード:3680)のグループ会社である株式会社ホットリンクコンサルティング(代表取締役社長:成瀬功一郎、本社:東京都千代田区)は、ソーシャルリスニングツール「クチコミ@係長」を使って、母の日に関する調査を行いました。その結果、生活者における感謝の伝え方が変化しつつあることを確認することができました。

【 レポート詳細 】
母の日は毎年5月の第2日曜日であり、今年は5月11日でした。母の日に関する、5月1日~5月7日までの1週間のツイート数について、ここ数年間の時系列推移を比較すると、2012年から2013年は約10%増加、2013年から2014年は約40%増加と、年々増加傾向にあります。

■プレゼントの主流はモノからコトへ
母の日のプレゼントに関する各ワードの言及数の順位の時系列推移を調べると、定番のカーネーションを中心とした「花」が不動のトップを維持しています。2位以下では、「バッグ」、「お菓子」が年々順位を下げている一方、「ご飯」、「手紙」、「旅行」が順位を上げています。モノからコトへ、母の日に感謝を伝えるカタチが変化している傾向がうかがえます。


続きは、こちらでご覧いただけます。
http://www.hottolink.co.jp/research/9651


■株式会社ホットリンクコンサルティングについて(http://www.hottolink.co.jp/consulting
ホットリンクコンサルティングは、企業のマーケティング戦略立案・実現を目的としたビックデータ活用を、独自の視点で推進・強化・支援いたします。
企業にとって最適なデータ活用を実現するため、ソーシャル・ビッグデータをはじめとしたシングルソースのデータ分析から多様なデータを組み合わせたアドバンストアナリティクスの適用、そして予兆発見や需要予測への応用まで、ビジネス、アナリティクス、テクノロジーを融合させたコンサルティングを提供しています。

■株式会社ホットリンクについて(http://www.hottolink.co.jp/
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び風評をモニタリングする「e-mining」を、現在まで累計1600社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、APIを通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。