PDF リリース全文
(113KB)

2014年5月14日

富士ゼロックスアドバンストテクノロジーが「世界パッケージングコンテスト」で「ワールドスター賞」を受賞

2014年5月14日

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックスアドバンストテクノロジーが「世界パッケージングコンテスト」で「ワールドスター賞」を受賞

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本忠人) の関連会社富士ゼロックスアドバンストテクノロジー株式会社(本社:横浜市、社長: 種田乾吾)が開発した「商品取り出しやすさを考慮した小型プリンター包装箱」が「世界パッケージングコンテスト」(世界包装機構(WPO : World Packaging Organisation)主催)においてワールドスター賞を受賞、5月13日、トロフィーが授与されました*。*ドイツ・デュッセルドルフで開催された世界最大の包装展「インターパック」において
 この包装箱は、お客様の視点で商品の取り出しやすさを考慮し、小型プリンターなどの精密機器を箱から取り出す際に、お客様が持つ取手を見つけやすく、箱から簡単に取り出せるようにしたデザインです。
バックの取手部分は、上部の緩衝材の上で交差するように配置されお客様が上部緩衝材を取り出すと取手部が押し上げられ浮き上がるようになっています。お客様が商品を取り出す際に、箱の中に手を入れなくてよいので緩衝材の厚みを20mm薄くすることができました。その結果、体積を20%減らし、コストは10%低減することができました。しかも緩衝性については、すべての面で91cmの高さからの落下に耐えることができます。
 富士ゼロックスアドバンストテクノロジーは包装箱の開発にあたり、小型・軽量化と強度の確保を両立させるため、スーパーの袋のように手で持ち上げる方式であれば、手を箱にいれる必要がなく小型化できることに着目し、合わせて商品保護袋の材質や厚み、取手の形状も検討して、2011年8月に発売した小型プリンター「DocuPrint P205」の包装箱にこのデザインを導入いたしました。
 世界パッケージングコンテストについて
世界包装機構が主催し、世界の優れたパッケージとその技術の開発、普及することを目的として、毎年1回開催されるコンテストです。包装技術では、最も権威のあるコンテストとして知られ、優れた包装に対して「ワールドスター賞」が贈られます。
今回、35カ国から、各国のコンテストで受賞した選りすぐりの249作品が各々の部門にエントリーし、デザイン性や技術面の高さ、品質や使用性、環境への配慮などさまざまな観点で厳しい審査が行われ、富士ゼロックスアドバンストテクノロジーは、エントリーした「エレクトロニクス部門」においてワールドスター賞を受賞しました。
このコンテストは、エレクトロニクスや食品、生活用品、医療品など、全ての包装部材を対象とし、各国の国内パッケージングコンテストにおいて、入賞した作品だけがエントリーできるもので、同社は、2012日本パッケージングコンテスト(主催:公益社団法人日本包装技術協会)において「適正包装賞」を受賞し、出品資格を得ました。なお、同社は日本パッケージコンテストで3年連続受賞(適正包装賞2回、電気・機器包装部門賞1回)しております。