PDF リリース全文
(353KB)

2014年5月12日

「第三回 2015年度ミャンマー人新卒者就職フェア」開催

平成26年5月7日

グローバルイノベーション コンサルティング株式会社

「第三回 2015年度ミャンマー人新卒者就職フェア」開催
「現地(ヤンゴン/ミャンマー)での出展・視察希望」へのお知らせ

グローバルイノベーションコンサルティング株式会社(以下 GIC 代表取締役社長 岩永智之)は、ミャンマー(ヤンゴン)での「2015年度新卒者就職フェア」の開催を発表した(2014年7月5日)。すでに当社含め、10社以上の日系IT関連企業及び申し込み予定であることも同時に発表、最大で30社の出展を見込む。一昨年の同様の開催では学生参加者が300名で採用は約20名、昨年度は同様に500名参加で採用は約80名でIT企業を中心に行った。今回はIT以外の学生にも広く募集をかけ、1,500名の学生の参加で200名ほどの採用を見込んでいる。

ミャンマーに進出した日系企業に加え、優秀なミャンマー人技術者や英語堪能な学生を近い将来日本で雇用したい企業にとってこの出展は大きなチャンスとなる。採用後は、ミャンマー国内で半年のインターンシップ期間を経た後、社内向けオフショア開発及びBTO(英語翻訳/データ入力)といった簡易業務が可能となる。研修・運営・業務サポート等、GICの継続的なフォローを受けることで低コストでのGlobal展開を狙うことが可能となる。日本国内では大手を初めとして新卒の外国人のグローバル人材(特に理系)の争奪が激しくなり、既卒でも平均的に160万円/人ほどの高額な採用コストがかかる為、海外での研修・雇用後での日本での採用が新しいビジネスモデルになる事を予感させる。

GICはIT分野における中堅・中小企業のミャンマー進出を支援する企業であり、中国での人件費高騰及び日系企業との文化的融合におけるビジネスリスクを早くから予見していた。2011年3月にはASEAN諸国の詳細調査を完了し、4月にはミャンマー進出支援コンサルティング会社を設立。創立以来3年で100%子会社の設立を目指す企業に対して11社受注で7社の営業許可の実績がある。

ミャンマーでは、電力やインターネット環境など未整備な部分を残すものの、民主化に伴うビジネスチャンスの拡大が更に見込まれている、GICはグローバル化する中堅・中小日系企業に対する優秀なミャンマー人採用・研修・運営・業務のサポートで、今後もサービスの展開・強化・差別化を図っていく。
会社概要:
会社名:グローバルイノベーションコンサルティング株式会社
代表者:岩永 智之
本 社:東京都千代田区神田佐久間町三丁目38番地 第五東ビル7F 702号
設 立:2011年4月1日
資本金:2,000万円
従業員:65名
(日本国内: 日本人7名/ミャンマー人グローバルITエンジニア58名)
拠点:ミャンマー・シンガポール・フィリピン
事業内容:ミャンマー・フィリピン・シンガポールへの進出・運用支援、
ミャンマー人グローバルITエンジニアの日本での派遣事業、
中国/ASEANでの各種コンサルティング、Global e-Learning、
海外ITシステムの開発
URL:http://www.gicjp.com/

代表者プロフィール:
-1958年生まれ電気通信大学 経営工学 修士卒業
-1984年日本アイ・ビー・エム㈱入社。3年のSE職経験後、中堅企業対象の営業(新規/既存/Partner)担当後、営業課長/営業部長を歴任。2005年5月IBMのWorldwideのPC部門売却のためLenovoに入社。
-2005年9月より㈱第一コンピュータリソースに入社し2006年4月より海外部門の総責任者として就任。北京の子会社を黒字化後、2008年7月にミャンマーに日系100%資本の会社設立。2010年にはThailand/中国(上海)の会社設立をサポート。2009年4月からは日本での新規Business開発を2年半担当し、2011年4月に独立して当該会社設立