2014年4月22日

「第5回 教育ITソリューションEXPO」に出展

2014.04.22

モリサワ

「第5回 教育ITソリューションEXPO」に出展

 株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、2014年5月21日(水)より23日(金)まで、東京ビッグサイトにて開催される「第5回 教育ITソリューションEXPO」に出展することを発表します。
 モリサワは、日本語の文字の美しさ、特徴をさまざまな書体で表現しグラフィックデザインや出版界で大きなご支持をいただいている一方、教育分野にも貢献できるよう多彩なフォントを開発しています。
 本展示会では、それらラインナップの中から「学参フォント」「教科書体」といった教育にふさわしい書体のご紹介を中心に、教育ICT用のソフトウェア、デバイスへの組込みや教育機関での導入など、具体的な活用方法をご紹介します。
 デザイン学習、情操教育はもちろんのこと、教育のあらゆる現場でお役立ていただけるモリサワフォントの可能性をぜひこの機会にお確かめください。

【開催概要】
会期:2014年5月21日(水)~23日(金)10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト 東1・2ホール モリサワブース:2-41 
展示会の詳細はこちらをご参照ください。
http://www.edix-expo.jp
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
後援:一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
   一般社団法人 大学ICT推進協議会
   公益社団法人 私立大学情報教育協会 など

【主な出展内容】
〈組込みフォントソリューション〉
■学参フォント
文部科学省の学習指導要領に基づいた字形を明朝体・ゴシック体などの印刷書体で表現したフォントです。書体としての美しさ、可読性はそのままに、児童が手書きの字形を正しく認識できるようにデザインされています。

■TB拡大教科書体
低視力や弱視の児童・生徒向けの「拡大教科書」をターゲットに開発された書体です。従来の教科書体で指摘されていた視認性の問題を解消した教育ICTに最適なフォントです。

■校正フォント
教育漢字・常用漢字を学年別や学習段階に応じて正しく使い分けするための専用フォントです。一般向けコンテンツを教育用に再利用する場合に、校正ツールとして威力を発揮します。

〈教育支援用フォント製品〉
■教育機関向けライセンス製品 MORISAWA PASSPORT
全911書体が、PC1台につき1年契約30,000円(税抜)で、どれでも選べて好きなだけ使える画期的なライセンス製品。学参フォントの全書体が含まれます。また、デザイン教育に必須のモリサワフォントに加え、ヒラギノフォント、タイプバンクフォント、欧文フォント、中国語フォント、韓国語フォントもお使いいただけ、学習設備として常に最新で快適なフォント環境を、追加料金なしでご提供します。

■MORISAWA PASSPORT アカデミック版
印刷・出版・デザインの分野をはじめプロの世界でご支持をいただいているMORISAWA PASSPORT。そのアカデミック版は、学生および教職員の方が個人で所有するPCで手軽に利用できるように、通常版よりお求めやすい価格でご提供します。

〈eBookソリューション〉
■MCMagazine
モリサワがこれまで培ってきた組版ノウハウを結集した電子コンテンツ制作ツールです。組版データやPDFデータをドラッグ&ドロップするだけでデジタルコンテンツに変換します。音声機能や動画再生機能、テキストポップアップ機能を搭載しており、英語など音声を伴う学習に最適です。また、テスト用の穴埋め問題や選択問題などを簡単に制作できるので、児童の興味と集中力を持続させるコンテンツ制作に威力を発揮します。ストアアプリ向けビューアライブラリもご提供します。

〈電子情報配信サービス〉
■MCCatalog+
パンフレットや広報などをスマートフォンやタブレット端末に向けて手軽に配信できるクラウドサービスです。学内資料や社内資料などの機密性の高いコンテンツを、特定の関係者だけに配信するために必要なクローズ配信オプションを活用できます。