2014年4月17日

日本テラデータ、「Teradata Partner Award 2014」受賞パートナー企業を発表

2014年4月17日

日本テラデータ株式会社

日本テラデータ、「Teradata Partner Award 2014」受賞パートナー企業を発表
-NTTデータ、野村総合研究所、日本ユニシスの 3社をデータ分析ビジネスにおける最も優れたパートナーとして表彰-

日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下日本テラデータ)は、日本テラデータのパートナープログラム「Teradata Partner Network」に加入しているパートナー企業の中から、特に優れた実績を挙げた企業を表彰する「Teradata Partner Award 2014」を実施し、受賞企業を発表します。

本アワードには、「Partner of the Year」、「EDW Award」、「Appliance Award」の 3つの賞があり、今回で 3回目の実施となります。各賞は、パートナー企業の中からテラデータが提供するデータ分析プラットフォーム製品、アプリケーションそしてサービスを活用して、お客様の情報活用やビジネス革新の支援に最も貢献した企業を選出するものです。

Teradata Partner Award 2014 では、昨年度(2013年1月~12月)の実績を対象に、各賞の定義に合わせて日本テラデータが選出し、「Partner of the Year」を株式会社NTTデータ様が、「EDW Award」を株式会社野村総合研究所様が、「Appliance Award」を日本ユニシス株式会社様が受賞しました。株式会社NTTデータ様は 3年連続、日本ユニシス株式会社様は 2年連続、株式会社野村総合研究所様は初めての受賞となります。

各賞の定義および各社の受賞理由は以下の通りです。

■Partner of the Year
テラデータのデータ分析プラットフォーム製品、アプリケーションそしてサービスの販売と導入において、最も優れた功績を残したパートナー企業様に授与する賞

株式会社NTTデータ様
<受賞理由>
景気回復基調が見える日本経済ではありますが、引き続き IT投資が厳しい状況の中、昨年度、NTTデータ社では金融分野だけでなく、新たにグローバルに展開されている製造業の大手企業を日本テラデータとともに獲得いただくなど、テラデータのデータ分析プラットフォーム製品を活用した革新的なソリューションを新たに数多くご提案、導入いただきました。

■EDW Award
全社での情報活用を目的にデータを統合化/一元化した DWH である、エンタープライズ・データウェアハウス(EDW)の実現を目的としたテラデータのデータ分析プラットフォーム製品の販売、導入において、最も優れた功績を残したパートナー企業様に授与する賞

株式会社野村総合研究所様
<受賞理由>
企業戦略を支えるデータ活用プラットフォームを数多く提案されている野村総合研究所社においては、某国内大手企業の大規模データ活用プラットフォーム検討に際し、中立な立場から様々なプラットフォームを評価されました。その結果として、今回はテラデータ製品をご提案、受注をいただきました。

■Appliance Award
テラデータのデータ分析プラットフォーム製品、特にアプライアンス製品の導入と販売において、最も優れた功績を残したパートナー企業様に授与する賞

日本ユニシス株式会社様
<受賞理由>
金融分野を中心に、日本テラデータと共に多数のお客様にご提案、導入を行っていただいております日本ユニシス社では、新たに政府系機関におけるアプライアンス製品の導入案件を獲得いただきました。本プロジェクトは無事に本番稼動を迎え、稼動後もお客様の高い評価を得ております。

###

受賞された企業様のコメント

株式会社NTTデータ
三期連続でこのような素晴らしい賞をいただき、大変光栄に思っております。これまで、Teradata様の優れた製品と当社のシステムインテグレーション技術を高いレベルで融合し付加価値の高いソリューションを提供してまいりました。このようなコラボレーションにより、今期は金融機関の情報系システムを中心としたシステム展開に留まらず、新たにグローバルで展開される製造業における DWHソリューションの構築に携わる分野にも幅出しを行う事が出来ました。この度の受賞を機に、Teradata様との戦略的パートナーシップをより一層強化するとともに、これまで以上にお客様にご満足いただけるソリューション / サービスの提供を推進してまいります。

株式会社NTTデータ
代表取締役副社長執行役員
萩野 善教 様

株式会社野村総合研究所
EDW Award の受賞を光栄に思います。日本テラデータ様のエンタープライズ・データウェアハウスが備える高度なワークロード管理や拡張性は、弊社のお客様が目指す高度な情報活用のプラットフォーム要件を満たしていると考えております。野村総合研究所は「未来創発」という企業理念のもと、お客様が今までできなかったことを可能にする業界/市場横断的なサービス提供を目指しており、そういったサービスを支えるアナリティクス、ビッグデータにも力を注いでおります。今後も日本テラデータ様と連携しながら、製品特性を深く理解した上で、お客様へ提案を行ってまいります。

株式会社野村総合研究所

日本ユニシス株式会社
このたびは Appliance Award に選出いただき、誠にありがとうございます。ビッグデータ時代と言われる昨今、お客様が取り扱われるデータ量は爆発的に増えています。そのデータを管理し、ビジネス価値に変換するソリューションを提供していくために、弊社は 2012年から日本テラデータ様と協業を開始しました。金融業界を中心に、高度なデータ活用を共同で提案していく中で、Teradataシリーズの高度なワークロード管理や拡張性などが、これからのデータ活用において欠かせない条件であると確信しております。日本テラデータ様と共に導入を進めたお客様におかれましては、この重要性をご理解いただき、導入を決定頂いたものと考えております。今後も Teradata Partner Network Certified Strategic Partner として、日本テラデータ様とともにお客様により良いデータ活用ソリューションをご提供してまいります。

日本ユニシス株式会社
金融第一事業部長
天野 進 様

以上

###

Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。
http://www.teradata.com/

日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。
http://www.teradata.jp/

※Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。