2014年4月15日

「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展

2014.04.15

モリサワ

「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展

 株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、2014年5月14日(水)より16日(金)まで、東京ビッグサイトにて開催される「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展することを発表します。
 モリサワは、印刷媒体や屋外サイン、デザインの分野でご好評いただいているデジタルフォントをスマートフォンやカーナビゲーション、家電製品などの組込み分野にも提供しています。本展示会では、駅名表示やサインなどいたるところに使用されている高品位なモリサワ書体「新ゴ」ファミリーを中心に、文字を核としたブランディングの提案や、海外輸出製品向けの多言語フォントをご紹介します。また、フォントレンダリングエンジンを持たない環境でもこれらの美しい書体をお使いいただける「軽量フォントエンジン」もご案内します。
 多彩で豊富なモリサワフォントによって、デザイン性や表示品質を向上させる事例をこの機会にぜひともご覧ください。

【出展概要】
会期:2014年5月14日(水)~16日(金)10:00~18:00 ※最終日は17:00まで
会場:東京ビッグサイト 西展示棟
   ブース番号:西3-59(場所は西1ホール)
   展示会の詳細はこちらをご参照ください。
   http://www.esec.jp

【主な出展内容】
モリサワが誇る書体を以下のさまざまなフォーマットでご紹介します。
■フォントレンダリングエンジン+軽量フォント
 軽量かつ高速なレンダリングエンジンと専用フォントです。

■多言語を含む豊富な書体バリエーション
 印刷で定評ある美しい文字を組込みに提供します。

■TrueType/OpenType(トゥルータイプ/オープンタイプ)
 OS純正のラスタライザや汎用のラスタライザで機能するオーソドックスなアウトラインフォント。表示はもちろん、ハイエンドの印字も可能です。TrueType Fontについては、Android OSを搭載したデバイス向けのAndroid対応書体の提供も可能です。

■Bitmap(ビットマップ)
 白黒2値のドットフォント。低容量で描画が速いのが特徴です。表示サイズが少なく、CPUが十分確保できない環境に最適です。20ドット未満のサイズでは、アウトラインフォントよりも優れた可読性を発揮します。