2014年3月26日

立教大学 韓国、英国、米国に海外事務所を開設

2014年3月26日

立教大学

立教大学 韓国、英国、米国に海外事務所を開設
海外の聖公会ネットワークを活かし、現地大学との連携等を強化

立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡知哉)はこのたび、ソウル(韓国)、ロンドン(英国)、ニューヨーク(米国)に海外事務所を新設することを決定しました。

立教大学は、創立以来、リベラルアーツ教育と国際性の涵養を教育の中心に捉え、真の国際人を養成するための改革を進めてきました。現在では、海外経験を有する学生は年間約1,000人(4.1%注1)、外国人留学生は500名程度(2.6%注1)となりましたが、2017年度までの4年間で、海外経験を有する学生、外国人留学生をそれぞれ倍増させる方針です。また、現在の外国人教員比率は14%を数え、今後も引き上げていく計画です。

そこで、より一層の国際化推進を目的に、海外拠点を整備することとしました。4月1日に韓国事務所を開設するのに続き、2014年度中にロンドン事務所、ニューヨーク事務所を開設する予定です。今後、各事務所を通じて立教大学の広報活動を行いながら、現地大学等との関係構築・強化活動を展開し、学生、教職員間の国際交流を加速させていきます。また、本学を創立した聖公会(注2)のネットワークを活用し、ケンブリッジ大学(英国)やサウス大学(米国)など、海外の名門リベラルアーツ・カレッジとの共同教育プログラム開発なども検討中です。


■ 韓国事務所の概要
名称:立教大学韓国事務所(4月1日開所)
住所:ソウル市 中区 貞洞 3  大韓聖公会ソウル大聖堂内
所長:柳時京(ユ・シギョン)

                                     以上

注1  全学生数に占める割合。
注2  立教大学は、米国聖公会から派遣されたチャニング・ムーア・ウィリアムズ主教によって創立され、アングリカン・コミュニオンと呼ばれる英国国教会をルーツとする世界の聖公会につらなる教育機関です。聖公会は、現在、約170ヵ国に広がり、信徒数はおよそ8,500万人。プロテスタントの中では最も大きな教会といえます。