PDF リリース全文
(498KB)

2014年3月24日

20代~40代の男女700人に聞く、「金銭管理調査」

2014年3月24日

ビザ・ワールドワイド

20代~40代の男女700人に聞く、「金銭管理調査」
消費税増税目前、決済方法も金銭管理も デジタルな手法へのニーズが高まる。
理想の金銭管理ツールに近い最適な決済ツールは、Visaデビット。

ビザ・ワールドワイド(以下Visa、 代表取締役:岡本和彦、所在地:東京都千代田区)は、2014年2月、楽天リサーチ株式会社に委託し、20代~40代の男女700人を対象に、金銭管理についての実態調査を実施しました。

アナログからデジタルへ。今回の調査によってモバイル端末の普及でいつでも、どこでもネットにつながる環境が当たり前になりつつある今日、決済方法も金銭管理もデジタルな方法へのニーズが高まっている実態が浮き彫りになりました。
現代日本人は様々な金銭管理方法を活用していますが、「通帳の確認」などアナログでの管理が中心であることが分かりました。また、増税対策として節約志向が高まる中、電子決済の利用意向が15ポイント以上伸びるなど、デジタルツールで決済することへのニーズが高まりつつあることも結果から読み取れます。その理由として、「ポイントやマイルなどがつく」(65.6%)、「現金が手元になくても使える」(53.7%)、「大金を持ち歩く必要がない」(42.1%)、「小銭をじゃらじゃら持たずに済む」(35.0%)など、現金の短所を補う点が支持されています。また、理想の金銭管理ツールの条件として、「出費の内容をすぐ確認できる」「自分で収支の記録をしなくていい」「使いすぎを防げるもの」などがあげられ、Visaデビットのもつ機能と上位5件中4件が重なることがわかりました。理想の金銭管理に最適な決済ツールにもなり、現金のように使える電子決済のVisaデビットは、機能について理解すると、利用意向が高まることが分かりました。また、子供に持たせたいカードの条件にも合致し、お金の管理を学ぶツールとして、若いうちから持たせるにも最適です。

今回の調査結果について、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんは、「増税後は、今までと同じ暮らしをしていても、お金が減るのですから「節約志向」や「ちゃんとお金の管理をしなければ」と思うのも必然でしょう。
ところが現状は、みなさん家計簿に挫折したり、ついお金を使いすぎてしまったり、金銭管理に成功しているとは言いがたいようです。その原因の一つは「現金」を使えば、お金は管理できるという思い込みにあります。大切なのは、自分が今いくら使えるのかを把握することです。お買い物にVisaデビットを使うと、即時決済され預金残高に反映されます。口座残高までしかお金が使えませんから、管理が容易です。利用履歴が家計簿代わりになるので、インターネットで見れば、「今いくら使えるか」一目瞭然。あわてて時間外に現金を下ろさなくても、Visaが使えるお店で支払いに使えばATM利用手数料も節約できます。Visaデビットカードは、金銭管理成功への近道と言えます。」とコメントしています。

###
ビザ・ワールドワイドについて
ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、現金・小切手の代わりに電子通貨を利用することを可能にし、消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒47,000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはhttp://www.corporate.visa.com(英語サイト)またはhttp://www.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧下さい。