2014年3月18日

『新しいニーズや草の根活動を支える使途選択募金』で、わたしたちの活動を応援してください!

平成26年3月18日

社会福祉法人 千葉県共同募金会

“つかいみち”を選べる募金~使途選択募金~で
わたしたちの活動を応援してください。
『新しいニーズや草の根活動を支える使途選択募金』

 千葉県共同募金会(千葉県千葉市、会長:小島信夫)では、つかいみちが選べる募金“使途選択募金”で、県内で早急に解決すべき社会課題を9つクローズアップし、支援を呼びかけています。プロジェクトの内容と団体は以下の通りです。皆様からの支援を是非お願い致します。

—————————————————————————
<プロジェクト紹介>
●生活困窮者支援     フードバンクちば
 フードバンクの食糧支援を受けているのは、何歳ぐらいの人たちが多いと思いますか?実は、働き盛りと言われる30~50代で半数を占めています。
 私たちは、食品自体には問題ないけれど包装の破損がある、または賞味期限が近いので販売ルートには乗らない食品など、破棄される食品を無償で引き取り、必要とする団体や生活困窮者へ提供しています。例えば、突然の傷病で失業し、生活保護の受給を待っている方々など、 “今日、明日食べるものに困っている”、非常に逼迫した状況の方々ばかりです。皆様からの温かい支援を、お願いします。
・個人支援…公的・民間の相談支援機関の窓口を通じて申請していただいた、個人(世帯)へ食品を送付
・団体支援…ホームレス支援団体、障害者関連団体、高齢者施設、母子生活支援施設、児童養護施設、児童自立支援施設、薬物依存回復団体などへの食品提供
—————————————————————————
このほかにも、以下の緊急課題プロジェクトがあります。

●被災者・被災地支援【目標額600万円】社会福祉法人千葉県共同募金会
東日本大震災で被災された方たちのための支援事業や、千葉県内で被災された方たちに対する心のケア、東北から避難されてきた方たちの為の被災者交流事業を実施します。

●児童養護施設等卒園者の就職・進学祝金【目標額100万円】千葉県児童福祉施設協議会
県内の施設を卒園し、就職・進学など次のステップに進むこども達に、新生活に必要な靴、かばん、教科書などを贈ります。

●生活困窮者支援【目標額60万円】認定NPO法人ホームレス自立支援市川ガンバの会、フードバンクちば
食べ物がなくて、困っている生活困窮者が、自立した生活が送れるよう支援します。

●認知症出前交流(つどい)支援 【目標額51万円】公益社団法人認知症の人と家族の会千葉支部
認知症介護者の悩みを話せる“つどい”や支え合いのネットワークづくり。介護中のわずかな時間でも参加できるよう、身近な場所で開催します。

●原爆被爆体験、語り部活動 【目標額57万円】千葉県原爆被爆者友愛会
被爆者が“語り部”として、小中学生に被爆体験を語り伝える活動。核兵器がいかに平和に反するものかを伝えます。

●チャイルドライン・ママパパライン・乳幼児のためのおしばい【目標額40万7千円】NPO法人子ども劇場千葉県センター
18歳までならだれでも相談できる「チャイルドライン」、子育て中のママパパの相談にのる「ママパパライン」、虐待を未然に防ぐ「乳幼児のためのおしばい」、の活動をしています。

●難病患者支援【目標額65万4千円】千葉県脊柱靭帯骨化症友の会、千葉県パーキンソン病友の会、千葉県膠原病友の会、日本網膜色素変性症協会千葉県支部
難病について、一人でも多くの人に知って欲しい、理解して欲しいと思っています。治療法の見つからない難病に苦しむ人たちを支援します。

●いのちの電話(自殺予防活動)【目標額109万5千円】社会福祉法人千葉いのちの電話
自死遺族や自殺念慮者の苦しみに寄り添い、再び自分の人生を歩んでいけるよう、サポートします。

●小児がんの子どもたちへの支援【目標額20万円】NPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ
1年前後の入院生活を強いられる小児がん治療。長期に渡る入院生活が、成長過程の子ども達に及ぼす影響を軽減できるよう、患児やその家族をサポートする活動をしています。
______________________________________

【寄付の方法】全国のゆうちょ銀行、郵便局の窓口をご利用いただければ、手数料無料で送金いただけます。
口座番号:00100-4-22297
名  義:社会福祉法人 千葉県共同募金会
※通信欄に各プロジェクト名を明記ください。
______________________________________

【本件に関するお問い合わせ先』
社会福祉法人 千葉県共同募金会
TEL:043-245-1721