スポンサーに対する意見

PDF リリース全文
(273KB)

2014年3月14日

「明日、ママがいない」反響分析~ソーシャルデータから考える、世論との適切な付き合い方~

2014年3月14日(金)

株式会社ホットリンク/株式会社ホットリンクコンサルティング

テレビドラマ「明日、ママがいない」の反響分析
~ソーシャルデータから考える、世論との適切な付き合い方~

株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区)と、株式会社ホットリンクコンサルティング(代表取締役社長:成瀬功一郎、本社:東京都千代田区)は、各種団体からの抗議や非難を受け、シリーズ(全9回)放送期間中にスポンサー企業(全8社)がCM提供見送りを決めるという、異例の展開を見せたテレビドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系列)に対する世論の反響について、ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」を使った分析を行いました。その結果、スポンサーに限らず、企業と世論との適切な付き合い方に関する知見が得られました。


■分析内容
——————————–
本分析では、テレビドラマ『明日、ママがいない』について、視聴者がどのような点を問題視したのか(あるいは問題視しなかったのか)を、以下の3つの観点から、全放送期間を通した時系列変化を含めて調査しました。
1.ドラマの表現、演出
2.テレビ局
3.スポンサー
なお、分析対象データとしては、文章量が比較的多く、意見や感想およびその理由について深い情報が記述されやすく、生活者の本音を把握しやすい、ブログデータを使用しました。


■分析結果の抜粋
——————————–
テレビ局については、問題発生直後に関係者に対して迅速かつ丁寧に説明、対応すべきであったとの意見が多い一方、スポンサーについては、CM提供を見送る必要はない、あるいは、見送るべきではない、つまり、「問題視しない」との意見が中心でした。このことは、初回放送直後の意見だけで世論を判断するのではなく、より幅の広い意見を含めて、慎重に世論を判断すべきことを意味しています。


詳細な分析結果は以下よりダウンロード可能です。
https://f.msgs.jp/webapp/form/12785_txs_73/index.do



■ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」(http://www.hottolink.co.jp/kakaricho
——————————–
「クチコミ@係長」シリーズは、導入社数累計700社を超えるお客様にご利用いただいているソーシャルメディアの分析ASPツールです。
Twitter・ブログ・掲示板などソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報、総数約360億件(※2013年8月13日現在)を、リアルタイムに収集・分析することが可能です。
ソーシャルメディアと、テレビやネットニュースの露出数との相関をみられるクロスメディア分析機能も搭載しています。また、「クチコミ@係長」の国内最大規模のソーシャルメディア・データベースや感情/属性分析エンジンはAPI方式で提供しています。
http://www.hottolink.co.jp/api


■株式会社ホットリンクコンサルティングについて(http://www.hottolink.co.jp/consulting
——————————–
ホットリンクコンサルティングは、企業のマーケティング戦略立案・実現を目的としたビックデータ活用を、独自の視点で推進・強化・支援いたします。
企業にとって最適なデータ活用を実現するため、ソーシャル・ビッグデータをはじめとしたシングルソースのデータ分析から多様なデータを組み合わせたアドバンストアナリティクスの適用、そして予兆発見や需要予測への応用まで、ビジネス、アナリティクス、テクノロジーを融合させたコンサルティングを提供しています。


■株式会社ホットリンクについて(http://www.hottolink.co.jp/
——————————–
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び風評をモニタリングする「e-mining」を、現在まで累計1600社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、APIを通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。