PDF リリース全文
(160KB)

2014年3月12日

業界初:ローリー車全車にストレーナーを標準装備~製品納入時の品質のさらなる向上へ~

2014年3月12日

日本コーンスターチ株式会社

業界初:ローリー車全車にストレーナーを標準装備~製品納入時の品質のさらなる向上へ~

総合澱粉メーカーの日本コーンスターチ株式会社(東京都港区、代表取締役社長 倉地聡一郎)は、2014年3月から、約2千万円の投資を行い、糖化製品の輸送に使っているローリー車の全ての納入用ホースにストレーナー(異物混入を防ぐ網目状のフィルター)を標準装備し、製品納入時の異物混入を防ぎ、更なる品質の向上を図ります。

現在、糖化製品の納入は工場内にて品質検査を行い、ローリー車への異物混入がないように、ローリー車に製品を充填しております。今回ローリー車の納入用ホースにストレーナーを付けることで、お客様への製品の納入時に、仮にホースに異物があったとしても、お客様先に異物混入することがないよう、万全を期すことと致しました。これにより異物混入リスクをさらに低減させることが可能になりました。

このようにすべてのローリー車の納入用ホースに、ストレーナーを標準装備させているのは、業界で日本コーンスターチ株式会社だけとなっております。

弊社では、これからもお客様へ「安心・安全」な製品を安定的にお届けするために、一切の妥協を許さない姿勢で、製品の品質向上に努めていく所存でございます。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本コーンスターチ株式会社 広報担当:宮本
TEL:03-5570-7000/FAX:03-5570-7001