早稲田大学

PDF リリース全文
(607KB)

2014年3月5日

早稲田大学 リーディング理工学博士プログラム 公開シンポジウム(3/8)

2014-03-05

早稲田大学広報室広報課

早稲田大学 リーディング理工学博士プログラム 公開シンポジウム(3/8)

 複数の課題が複雑に絡むグローバルイシューを解決する力を身に付け、国際的な舞台でリーダーとして活躍できる理工系博士人材を育成するため、本プログラムがスタートして2年目に入りました。今年4月からは、プログラムのスキームを取り込み、5年一貫制博士課程の「先進理工学専攻」も開設されます。本シンポジウムでは、プログラム概要を紹介するとともに、実際に学生が参画した特徴的な活動を紹介します。基調講演では産業界トップが新時代のモノづくり戦略、これを担う本プログラム人材への期待を語り、パネルディスカッションでは産学で切磋琢磨している若手がそれぞれの立場から自分の夢を果たすために何をすべきか、討論します。

 日  時  2014年3月8日(土) 15:15-18:10
 会  場  早稲田大学西早稲田キャンパス63号館2階02教室
  ※会場が変わりました。ご注意ください。
 主  催  早稲田大学 リーディング理工学博士プログラム
 申込方法  事前登録制
 参 加 費  無料

プログラム
 15:15  開会挨拶
西出 宏之 早稲田大学 理工学術院 教授
 15:20  来賓挨拶文部科学省
 15:25  基調講演 「新時代のモノづくりとその研究開発戦略」
田中 千秋 東レバッテリーセパレータフィルム(株) 代表取締役会長
 21世紀新時代は「環境・資源・エネルギー新時代」であり、研究開発こそが未来を切り開く。しかしながら、現在の日本のモノづくりは技術で勝っても事業で負ける残念な結果になることが多い。その原因は何か、どうしたらその状況を克服できるか?このことを皆さんと考えてみたい。
 16:05  プログラム紹介
村田 昇 早稲田大学 理工学術院 教授
 16:15  学生活動紹介
リーディング理工学博士プログラム 2期生・3名
 16:45  パネルディスカッション 「夢を語り、一段上へ」
若手パネリスト  リーディング理工学博士プログラム2期生
喜久里 浩之、原 慎太郎、山岸 健人
岡安 輝之(三菱化学(株) 横浜研究所)、他
 モデレータ  朝日 透  早稲田大学 理工学術院 教授
 18:05  閉会挨拶
大野 高裕 早稲田大学 理工学術院 教授

<申し込みについて>
http://www.leading-en.sci.waseda.ac.jp/events_detail.php#019