PDF リリース全文
(344KB)

2014年3月5日

AIU損害保険株式会社と 提携開始セレモニーを3月5日(水)に開催

平成26年3月5日

株式会社アデランス

AIU損害保険株式会社と
提携開始セレモニーを3月5日(水)に開催
~業界初!医療向けウィッグと医療保険による
コラボレーションが実現、シンボルロゴも発表~

株式会社アデランス(東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本信男、以下アデランス)は、AIU損害保険株式会社(代表取締役社長兼 CEO 小関誠、以下AIU)と相互の事業発展を目的にした提携開始セレモニーを2014年3月5日に株式会社アデランスで行いました。
本提携は、医療向けウィッグの存在を広く知って頂くとともに、がんに罹患され髪で悩まれる患者様のQOLの維持・向上を支援することを目的としたものです。医療向けウィッグと医療保険のコラボレーションは業界初の試みです。

AIUは日本の保険会社で、唯一ウィッグの購入費用を実費で補償することを明記した商品を販売しており、医療向けウィッグの必要性について、深い理解を示されております。アデランスは、お客様や社会に対して真摯に向き合う姿勢やお客様の「笑顔」を大切にしたいという想いが、AIUと共通であることに共鳴し、今回の業界初の提携へとつながりました。
セレモニーではAIU 代表取締役社長兼CEO小関誠氏、A&H担当執行役員 片山敦氏と弊社代表取締役会長兼社長 根本信男、代表取締役副社長 石古茂が参加し、業務提携のコンセプトである「A&A 笑顔のために」およびコラボレーションのシンボルロゴを発表しました。

■業務提携の経緯について
医療向けウィッグをより多くの方に知って頂く機会を模索していたところ、AIUが日本の保険会社で、唯一ウィッグの購入費用を実費で補償することを明記した商品を販売していることを知りました。また、AIUには当社の医療向けウィッグや事業と一体化したCSR活動に賛同して頂きました。アデランスは、お客様や社会に対して真摯に向き合う姿勢やお客様の「笑顔」を大切にしたいという想いがAIUと共通であることに共鳴し、今回の業界初の提携へとつながりました。
尚、現時点でアデランスはAIUの保険商品を店舗にて直接或いは代理販売する予定はありません。

■アデランスの医療事業に関する活動
アデランスは1968年の創業以来、総合毛髪関連事業のリーディングカンパニーとして、お客様お一人おひとり異なる髪のお悩みやご要望にお応えするべく、髪と頭皮の健康チェックから、育毛サービス、増毛サービス、ウィッグのご提供まで様々なソリューションを提供しております。1978年から36年間に渡り、「お子さまの傷を心の傷にしないために」をテーマに、髪でお悩みの15歳以下のお子様にウィッグをプレゼントする「愛のチャリティキャンペーン」を継続しています。
また、2002年にCSR活動の一環として、病院内にヘアサロンを開設、現在17店舗を展開。抗がん剤治療を受ける患者様が気軽に脱毛ケアやウィッグについて相談できるような体制を整えています。その活動は、海外にも広がっており日本をビジネスモデルにスウェーデンでの導入が2011年2月からスタートしています。2005年7月には、医療向けに独自開発したウィッグ「ラフラ」の販売を開始。患者様や医療関係者様の声を商品開発に活かしています。ウィッグの設計はもちろん素材選びから縫製まで配慮した商品改良を行うことで、ウィッグが初めての方でも安心して使って頂けるような様々な工夫をしています。「ラフラ」は、全国のアデランス、レディスアデランスのサロン、全国有名百貨店内フォンテーヌコーナー、フォンテーヌ直営店、当社直営の病院内ヘアサロンで販売しています。また、病院やご自宅への訪問も承っています。
アデランスでは、毛髪関連事業を通じて、より多くの人々に夢と感動を提供し、笑顔と心豊かな暮らしに貢献するとともに、「最高の商品」「最高の技術」「心からのおもてなし」を目指し活動してまいります。