2014年3月3日

動画ニュースリリース制作を3月3日より開始

2014年3月3日

株式会社 共同通信社


動画ニュースリリース制作を3月3日より開始
「動画」「活字」「配信先」の三位一体となったリリース制作
 

 株式会社 共同通信社(東京都港区、社長:古賀尚文)は、動画ニュースリリース制作サービスを開始します。グループ会社の(株)共同通信PRワイヤーと提携し、「動画」「活字」「配信先」の三位一体となった動画ニュースリリースを制作します。

 ブロードバンドインターネット環境の進化により、動画によるプレスリリース配信が増えてきています。米国の大手プレスリリース配信会社では、配信するプレスリリースの約3割がビデオニュースレターになってきています。日本でも今後、動画リリースが増えていくと考えられます。動画リリースは、活字や画像では表現できない情報を映像、音声によるビジュアル効果により、的確に伝達することが可能になります。商品のもつ特性を動きや音によって伝えたり企業、団体の活動を臨場感あふれる映像で表現します。

 「動画」「活字」「配信先」の特徴を組み合わせることにより、ニュースリリースは最大限の効果を発揮します。「活字」では伝わりにくいことを「動画」でフォロー、「動画」の内容を「活字」で補足、動画ニュースリリース内容に最適な「配信先」の選定、「配信先」を意識した動画ニュースリリースの作成など、最も効果的にリリース目的を達成する方法を組み合わせご提供いたします。

 「動画」「活字」「配信先」の三位一体となった動画ニュースリリースは、株式会社共同通信社が長年にわたり培ってきた通信社としてのネットワークを活かすことにより、伝えたい情報を的確に伝える手段として、ご提供いたします配信パッケージサービスです。

サービスの詳しい内容は
http://www.kyodo.co.jp/pr/service/
資料請求は、下記よりお申し込み下さい。
http://www.kyodo.co.jp/inquiry/