PDF リリース全文
(450KB)

2014年2月21日

SEA JAPAN 2014 開催のお知らせ

2014年2月21日

UBMジャパン株式会社

SEA JAPAN 2014 開催のお知らせ
世界の海事関連企業・団体が一堂に集結!

「SEA JAPAN」とは、造船・海運国「日本」と世界を結ぶ国内最大の国際海事展です。
日本の海運、造船、舶用機器産業は、過去数年にわたり、国際競争や経済情勢の低迷に加え、長引く円高という荒波に遭遇しました。しかし、“パーフェトストーム”とも言うべきその荒波を乗り越えてきた日本の海事産業は、以前にも増して進化を遂げています。また、地球温暖化防止、省エネ、環境保護の視点から注目を集めるエコシップの開発技術においても、今、日本には世界をリードする多くの先端技術が存在しています。

この造船・海運国「日本」で開催される最大の国際海事展SEA JAPANには、造船技術、舶用機器、海事関連サービスにいたるまで船舶を中心とした最新製品・技術を紹介する480の出展企業が30の国と地域から集結。日本そして世界に向けその技術を発表します。


「ジャパン海事クラスター」 過去最大規模のジャパンパビリオン!
前回、その展示規模を2倍に拡大し業界関係者の注目を一手に浴びた(一社)日本舶用工業会の主催するジャパンパビリオンが、今回は更にその規模を拡大し、国内外に向け日本の最新の舶用機器・技術を紹介します。また、ジャパンパビリオン内には、国土交通省の全面協力のもと、「テーマゾーン」を設置。「海洋開発」と「エコロジー」をテーマに設置されるこの特別ゾーンには、日本を代表する海運会社、造船所、大学、研究機関、官庁、業界関連団体が出展し、最先端の技術やサービスを世界に向けて配信します。


SEA JAPAN 2014は、海の環境問題と安全対策を考えます!
今回のSEA JAPANでは、世界の海事産業にとっての重要な課題である「環境保全」、「海洋開発」、そして「海洋安全」にスポットをあて、展示会やセミナーを通じてその最新動向を紹介します。展示会場では、超低排出ガスディーゼルエンジンや最先端の省エネ機器、船舶用空気圧給油装置、船舶用ソーラーシステム、環境対応型塗料などをはじめとした様々な先端技術をご覧いただけます。また、会場内には新たに「海洋セキュリティーパビリオン」も誕生。お見逃しなく!


業界最新情報満載 ~ 国際展示会に加え、様々なセミナーやイベントを併催!
SEA JAPAN 2014には、国際展示会に加え、業界が直面する課題を考え、最新動向を探る様々な業界セミナーが併催されます。また、会場内に設置されたイベントステージでは、会期3日間を通じ日本の海事産業のカンフル剤となるべく多彩な関連イベントを開催します。

開催概要
名称:SEA JAPAN 2014
会期:2014年4月9日(水)~4月11日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東1・2ホール
後援:国土交通省、一般社団法人 日本船主協会、日本内航海運組合総連合会、
一般社団法人 日本造船工業会、一般社団法人 日本中小型造船工業会、
日本船舶輸出組合、一般社団法人 日本舶用工業会、日本貿易振興機構(ジェトロ)

プログラム
展示会
2014年で11回目を迎える国際海事展SEA JAPANは、日本海事業界の活性化の波に乗り、拡大の一途をたどっており、前回の展示会には466社の出展社と17,728名の来場者が東京ビッグサイトに集結。過去最大の規模での開催となりました。今回も過去最大規模のジャパンパビリオンはもとより、ドイツ、UK、デンマーク、オランダ、ノルウェー、中国、韓国、台湾のパビリオン出展が決定しており、国際色豊かに展示会を盛り上げます。

国際海事セミナー
環境保護と経済成長を両立させるグリーン成長と海洋開発の2つをテーマに、国土交通省が初めてSEA JAPANで開催する新企画の国際セミナーです。OECD (経済協力開発機構)をはじめとしたグリーン成長の分野を先導する団体や企業の方々にその取り組みについて紹介いただくとともに、世界の資源開発関連企業を招いての海洋資源開発の現状と課題について解説します。

国際会議
恒例イベントとなった海事プレス社主催会議の今回のテーマは、「日本海事産業 復活 -真の成長を目指す」。 海運、造船、舶用業界から日本を代表するリーダーを招き、日本の海事業界の羅針盤となるべく、その将来像を探ります。会議の冒頭には、特別講演として住友商事株式会社 取締役会長 大森一夫氏に、また基調講演として株式会社商船三井 代表取締役社長 武藤光一氏にご登壇いただきます。この歴史を変える1日にお立会ください。

記念セミナー
SEA JAPAN 2014の開催を記念し、会期3日間を通じて展示会場内に設置された特設セミナールームにて開催される「記念セミナー」。海上技術安全研究所、日本海運集会所、国土交通省などの主催セミナーをはじめ、「海賊対策」、「環境保護」、「海洋エネルギー」、「環境保護」をテーマに産官学の多彩な分野からお招きした講師陣が、現在業界が直面する課題と今後の戦略について解説します。

ニューテクノロジーセミナー
SEA JAPANに参加する出展社が、その最新製品や最新技術をセミナー形式で発表する「ニューテクノロジーセミナー」は、貴社の競争力強化のための多彩かつ専門的な情報の宝庫です。展示会場内に設置される2つの会場で開催されるこのセミナーには、SEA JAPANのすべての来場者の方にご自由に参加いただけますので、新たなサプライヤーとの出会いの場として、出展社のブース訪問と併せ、是非、ご聴講ください。

ステージイベント
展示会場に設置された特設オープンステージでは、海を舞台に展開された様々な日本人の挑戦を紹介します。「南極観測隊」、「アメリカズカップ」、「深海8,000m」、「被災地支援」。様々なフィールドにおける挑戦者たちがいかに困難と向き合い、アイデアをもって乗り越えてきたのか。それぞれ戦いの場所は異なるものの、目標に向い一丸となって努力する姿は、日本経済再生に向けて我々が必要とする「何か」を提示してくれるに違いありません。