月桂冠「SPA!俺の夜」

2014年2月20日

『SPA!』女性編集者らが提案、夜を謳歌する日本酒「俺の夜」を新発売

2014年2月20日

月桂冠株式会社

金色のパッケージ、『SPA!』女性編集者らが提案
夜を謳歌する日本酒「俺の夜」を新発売

月桂冠株式会社(社長:大倉治彦、本社:京都府京都市)は、金色を基調としたパッケージの日本酒「SPA!俺の夜」(200ミリリットルびん)を、2月28日(当社出荷開始)から8月までに期間を限定して全国発売します。人気週刊誌『SPA!』(扶桑社)とのタイアップにより、同誌の女性編集者を中心とするプロジェクトで、女性が「男性に飲んでほしい」「男性と飲みたい」日本酒を提案、夜を謳歌し、自由でカジュアルに楽しむことを想定し共同開発しました。アルコール分は12度と低めで飲みやすく、フルーティーで淡麗甘口の味わいが特徴です。

『SPA!』は今年創刊25周年を迎え、その企画の一環として「日本酒促進プロジェクト」を月桂冠と共に進めてきました。同誌公式サイトでのアンケートにより日本酒に対するイメージや飲用実態についてお聞きした結果、料理と共に気軽に楽しめる、軽快な日本酒を求めておられることがわかりました。さらに読者の中から「アルコール飲料は飲むが、日本酒はあまり飲まない方」の協力を得て、味わいの方向性や酒質についてのご意見を伺いました。これらの情報をもとに、女性編集者らがコンセプト、酒質、デザインなどをまとめ上げ、アルコール分が低めで、甘口かつフルーティーな口あたり、料理に合う淡麗な味わいの日本酒を商品化しました。

パッケージは金色を基調にして、正面から見ると胴の部分がくびれているように見えるなど、今までの日本酒にはないイメージとし、飲みきりサイズのスリムな200ミリリットルびんに詰めました。容器正面には「俺の夜」と商品名を毛筆調で大書しました。びん首の部分は赤色の地色に「日本酒を愛するSPA!女子による」と表記し、女性編集者らの参加による同誌とのコラボ商品であることがわかるようにしています。男性を中心とする『SPA!』の読者は、これから本格的に日本酒を嗜む世代とも重なります。このタイアップ企画により、日本酒を楽しむ契機としていただくことになればと考えています。

■商品概要
 商品名:「SPA!俺の夜」
 容量・容器:200ミリリットル・びん
 参考小売価格:240円(消費税別)
 アルコール分:12度以上13度未満
 テイスト:甘辛=やや甘口、濃淡=淡麗
 販売期間:2月末~8月