「MCCatalog+」ロゴマーク

PDF リリース全文
(3,715KB)

2014年1月30日

モリサワ「Cloud Days Tokyo 2014 春」に出展

2014.01.30

株式会社モリサワ

モリサワ「Cloud Days Tokyo 2014 春」に出展

 株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、2014年2月26日(水)と27日(木)の2日間、ホテルニューオータニにて開催される「Cloud Days Tokyo 2014春」に出展することを発表します。
 当展示会では、インターネットを介してフォントを配信し、Webブラウザで表示させるクラウドフォントサービス「TypeSquare」とあらゆる印刷物を効果的に配信する電子情報配信サービス「MCCatalog+」をご紹介します。
 情報伝達の手段として生き続ける「文字」を中心にさらなる発展を目指し、未来を見据えた製品開発を続けるモリサワの「今」をご覧ください。

【出展概要】
会期:2014年2月26日(水)、27日(木)11:00~18:00
会場:ホテルニューオータニ(東京・紀尾井町)ザ・メイン宴会場階「鶴の間」
小間番号:256
入場料:事前登録により無料(登録のない場合は、3,000円/消費税込)
展示会の詳細はこちらをご参照ください。
http://expo.nikkeibp.co.jp/cloud/2014spring/overview.html

【出展内容】
〈フォント〉
■ TypeSquare(2012年度グッドデザイン金賞/経済産業大臣賞 受賞)
さまざまな書体をWebフォントとして利用できるモリサワのクラウドフォントサービス「TypeSquare」。 Webフォントは、インターネットを介してフォントを配信する技術で、閲覧する環境にインストールされていないフォントでもブラウザ上で表示することができます。すでにある印刷物と同じ書体をWebサイトでも使用することができ、メディアを超えてイメージを統一することができます。

〈電子情報配信サービス〉
■ MCCatalog+(エムシーカタログプラス)(NEW)
雑誌、新聞の購読率が低下するなか、折込みチラシや広告が読者まで届かないことに悩む広告担当者様は少なくありません。モリサワでは、あらゆる印刷物の情報配信サービスとして「MCCatalog+」を提供します。MCCatalog+は、サーバに印刷データをアップするだけで、iOS/Android対応の無料ビューアアプリ「カタログポケット(略称:カタポケ)」を通じて、エリア指定による「生活密着型の情報配信」、お客様の嗜好性に合致した「効果的な情報配信」などが行えます。モリサワが用意したビューアアプリを利用するので、AppleやGoogleとの個別の契約も不要です。