「xevo Σ(ジーヴォシグマ)」外観イメージパース

PDF リリース全文
(278KB)

2014年1月16日

当社戸建住宅最上位商品  「持続型耐震」技術を開発「xevo Σ(ジーヴォシグマ)」発売

2014/1/16

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

■当社戸建住宅最上位商品
繰り返しの巨大地震でも初期性能を維持する「持続型耐震」技術を開発
「xevo Σ(ジーヴォシグマ)」発売

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2014年1月24日より、繰り返しの巨大地震でも初期性能を維持できるエネルギー吸収型耐力壁などの新工法を採用した戸建住宅最上位商品「xevo Σ(ジーヴォシグマ)」を発売します。

 「xevo」シリーズは、2006年9月の発売以来、当社オリジナル外壁システム「外張り断熱通気外壁」を採用するなど、耐久性と省エネルギー性を高めることで、「長期優良住宅」認定制度に標準仕様(※1)で適合する高性能な住宅として好評をいただいています。
 このたび発売する「xevo Σ」では、エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」を新たに開発し、全ての耐力壁に標準搭載(※2)しました。この「D-NΣQST」により、繰り返し発生する大地震による揺れを抑え、新築時の耐震性能を維持することで、地震後のダメージを最小限に抑えることができます。 
 また、従来と比較して最大で約2倍の強度となった耐力壁によって、今まで以上の大空間・大開口が可能になるなど、ワンランク上の基本性能を実現させた、当社戸建住宅の最上位商品に位置付けられるものです。
※1.お客さまのご要望や建設地条件などにより異なる場合があります。
※2.プランにより形状と機構が異なります。