PDF リリース全文
(261KB)

2013年12月27日

介護従事者の想いをつなぐユーザー参加型のウェブマガジン「けあZine」公開

2013年12月27日

株式会社エス・エム・エス

介護従事者の想いをつなぐユーザー参加型のウェブマガジン
「けあZine」公開

株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:諸藤周平、東証一部上場)が運営する介護/福祉職向け情報サイト「けあとも」は、介護従事者の想いをつなぐ、ユーザー参加型のウェブマガジン「けあZine」(http://www.caretomo.com/carezine/?fr=press )を公開いたしました。


【サービスの概要・特徴】
「けあZine」は、現役で介護業界に従事されているオーサー(著者)が提供する各記事をきっかけとして、介護従事者として日頃感じている想いを共有するユーザー参加型のウェブマガジンです。
◆多様な背景を持つオーサーによる解説記事
訪問介護事業経営者、一般社団法人代表、NPO法人理事長や現場の介護職員など、多様な背景を持つオーサーが、介護に関するニュースや世の中の動きを現場目線で解説する記事を提供。その記事を読むことで新たな気付きや示唆を得て、業務に生かすことができます。

◆記事に対し「感想」や「コメント」で参加
単にオーサーの記事を読むだけではなく、各記事に対し「感想」や「コメント」※を残すことで、介護従事者として日頃感じている想いを、記事を通して第三者に共有することができます。また、自分以外の他の介護従事者がその記事に対し何を感じているのかを見ることで、新たな気付きや示唆を得ることもできます。
※「感想」、「コメント」の投稿には「けあとも」
https://www.caretomo.com/newentry3/?action_newentry3_form=true)への無料会員登録が必要です。


【「けあZine」サービス開始の背景】
当社では、介護従事者向けの情報サイトや能動的に情報を発信する著名なブロガーが少なく、その結果として、介護従事者がオンライン上で情報収集や意見交換などができる「場」も少ないと認識しております。
また厚生労働省の見通しでは、2025年には介護従事者が現在の1.5倍以上に増える※としており、世の中の動きをいち早く把握し、業務改善が行えるような人材を育成することの重要性も高まっております。
そこで当社は、2005年10月より運営しております介護/福祉職向けの情報サイト「けあとも」にて、介護従事者が双方向で情報発信できる「場」として「けあZine」を提供することといたしました。
※厚生労働省:「介護職員をめぐる現状と人材確保の対策について」より