PDF リリース全文
(228KB)

2013年12月26日

「SMA×ECO CITY相模原 光が丘エコタウン」神奈川県「環境共生都市づくり事業」に認証

2013/12/26

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

スマートコミュニティ「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)相模原 光が丘エコタウン」
神奈川県「環境共生都市づくり事業」に認証

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)が神奈川県相模原市で開発・販売中の省エネ・環境に配慮した住・商一体型のスマートコミュニティ「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)相模原 光が丘エコタウン」が、神奈川県の支援制度である「県央・湘南都市圏環境共生モデル都市づくり推進要綱」に基づく「環境共生都市づくり事業」に認証されました。

1.再生可能エネルギーの利用拡大と環境に配慮した“スマートコミュニティ”が評価
 「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)相模原 光が丘エコタウン」は、127戸全ての戸建住宅に太陽光発電システム・家庭用リチウムイオン蓄電池(6.2 kWh)・LED照明・高効率給湯器・EVコンセントを搭載し、当社オリジナルのエネルギーマネジメントシステム「D-HEMS Ⅱ(ディー・ヘムス・ツー)」による家庭内のエネルギー等の見える化を行います。

 商業施設では、店舗内の照明や街路照明にLEDを採用するほか、高効率の空調システムを導入します。あわせて太陽光発電システム(100kWh)を設置し、エネルギーの自給率の向上を図るとともに、BEMS※1を導入することで、過剰なエネルギー使用を抑制します。
 さらに、既存樹木の保存、生垣や高木などの宅地内緑化により、奥行きや連続性のある緑の景観を形成・保全できるよう、相模原市初となる景観協定や、それを補完する「街並みガイドライン」を策定するなど、当事業ならではの取り組みも神奈川県の評価対象になりました。
 ※1 ビル内のエネルギー管理をするためのシステムのこと。

2.環境共生都市づくり事業の認証
 神奈川県では、人間と環境とが、お互いに利益を与え合い、あるいは享受し合っていく“環境共生”への取り組みを、都市づくりの構想・計画の段階から事業実施まで一貫して行っている事業について、「環境共生都市づくり事業」として認証しています。
 このたび当社の「SMA×ECO CITY相模原 光が丘エコタウン」が、認証第13号として、さらに、複合的まちづくり事業では初となる認証を受けました。

【SMA×ECO CITY相模原 光が丘エコタウン ホームページ】
    http://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/kanto/kanagawa/hikarigaoka1kibunjo/