2013年12月25日

宝酒造「田んぼの学校」が文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」で審査委員会特別賞を受賞

2013年12月25日

宝酒造株式会社

宝酒造「田んぼの学校」が文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」で審査委員会特別賞を受賞

 宝酒造株式会社が開催している環境教育イベント 宝酒造「田んぼの学校」が文部科学省の平成25年度「青少年の体験活動推進企業表彰」で審査委員会特別賞を受賞することになりました。

 文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」は「社会貢献活動の一環として青少年の体験活動に関する優れた実践を行っている企業を表彰し、全国に広く紹介することにより、青少年の体験活動の機会の推進を図ること」を目的に始まったもので、今回が初めての表彰です。応募は全27件で、審査委員会特別賞は文部科学大臣賞に次ぐ賞です。
 表彰式は「とびだせ!キッズ! みんなで体験活動ワールド」(2014年2月1日~2日、東京都豊島区サンシャインシティ)期間中の2月1日(土)に同会場内で執り行われます。

 宝酒造「田んぼの学校」はお米づくりや自然観察、料理教室などの体験を通して、自然の尊さや食べ物の大切さ、命のつながりや生物多様性の保全について親子でともに学ぶ活動です。抽選によって当選した家族が、春から年末にかけて田植え編、草取り編、収穫編、恵み編のあわせて4回の活動を行います。2004年以降毎年開催し、本年で第10回となりましたが、過去の参加者からは「子供がご飯粒を残さずに食べるようになった」「子供が料理を手伝ってくれるようになった」「自然と接することで子供が成長したと感じる」などの感想をいただいています。

 宝酒造では今回の受賞を励みに、宝酒造「田んぼの学校」をはじめとした社会貢献活動の充実に努めてまいりたいと考えております。