PDF リリース全文
(345KB)

2013年12月25日

電通とアライドアーキテクツが生活者と企業のコ・クリエーション(共創)分野で連携

2013年12月25日

株式会社電通

電通とアライドアーキテクツが生活者と企業のコ・クリエーション(共創)分野で連携
― Facebookを活用し潜在的ファン層の顧客化を支援するソリューションを提供 ―

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、以下「電通」)とアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中村 壮秀、以下「アライドアーキテクツ」)は、Facebookを活用したファン顧客育成・ワンストップサービス『モニプラ ファン toファンpowered by D-hints』を開発いたしました。

本サービスは、電通が提供するオープンイノベーション&コ・クリエーション・プラットフォーム「D-hints(ディーヒンツ)」と、アライドアーキテクツが提供するFacebookマーケティングプラットフォーム「モニプラ for Facebook」を連携させて、「ファン顧客」による「潜在顧客」の育成を行いながら、独自のファンコミュニティを構築していくソリューションサービスです。「ファンがファンを呼ぶ」という従来のソーシャルメディアマーケティング支援事業にとどまらず、「ファンがファンを育成する」という生活者同士の“共鳴”によるエンゲージメントの強化を実現します。

具体的には、「モニプラ for Facebook」が擁する100万人超のユーザーネットワークや、既に企業のFacebookページに「いいね!」をしている既存ユーザーの中から、アンケート調査を通して「ファン顧客」(すでに企業のファンである生活者)と「関心顧客」(企業への関心はあるが、まだファンになっていない生活者)を抽出し、両者を引き合わせるコミュニティをD-hints上に構築します。設定したテーマに基づきコミュニティ内で意見交換を行い、一定期間にわたる交流を積み重ねることで、「関心顧客」の意識変容を生み出し、潜在的ファン層の顧客化に繋げていきます。

昨今、ファンコミュニティを活用した企業のマーケティング手法は高い注目を集めており、大手企業を中心に多数の事例が生まれています。また、今や広く浸透しているFacebookのマーケティング活用においては、単なるFacebookページへの集客という段階を超え、「運用を通じたファンとのエンゲージメントの構築」へと課題が移行してきています。

 電通とアライドアーキテクツは、マーケティングに関する豊富な知見・ノウハウと、国内最大規模のソーシャルメディア・ユーザーネットワークという両社の強みを生かし、今後も協業による新しいサービスの開発とその提供に、積極的に取り組んでまいります。