PDF リリース全文
(282KB)

2013年12月24日

富士ゼロックスチャイナがシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツに客室予約ソリューションを提供

2013年12月24日

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックスチャイナがシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ に客室予約ソリューションを提供

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)の中国販売会社である富士ゼロックスチャイナ(本社:北京、董事長: 徐正剛)は、世界的なホテル経営グループであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ(本社:香港、社長:グレッグ・ドーガン)に対し、「客室予約ソリューション」を提供しました。すでにシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの中国の26のホテルおよびその他の国の24のホテルで導入、将来開業されるホテルを含むすべてのシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのホテルに順次展開します。

富士ゼロックスが構築した客室予約ソリューションは、当社の文書管理ソフト「DocuWorks」を活用し、紙と電子のシームレスな融合によって、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ客室予約部(以下、客室予約部)からの要望である用紙削減・予約業務の効率改善などのニーズに応える文書管理ソリューションです。

客室予約部にはファクス、ウェブ、メールなど文書フォーマットの異なる予約申込書が日々集まります。「DocuWorks」の活用により各種予約申込書を電子化することで一元管理を可能とし、電子化された予約申込書はフロントや経理部といった関連部署が検索、各お客様の個別要求の確認などを行います。確認処理が完了した予約書は、時系列に電子ファイリングされるとともに、印刷せずダイレクトファクス機能を通じてお客様へ送信され、用紙の削減およびワークフロー全体の効率化を実現しました。

シャングリ・ラ ホテルにおいて最初に当予約ソリューションを導入した浦東シャングリ・ラ上海ホテルは、富士ゼロックスチャイナの調べによると、これまで手作業で行っていた予約作業は当ソリューションを導入したことにより、予約申込1件当たりの処理時間を36分から5分に短縮、業務効率を約8割改善しました。このほか、紙の使用量については、それまで毎日ファクスやプリントで行っていた作業を電子化したことにより用紙節減が見込まれます。

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、2010年からの5年間でエネルギー消費を2割削減するという環境保護目標を設定。この目標を実現するために、グループの各ホテルは室内外の照明をLEDへ変更するなど環境に配慮した施策をグループ全体で講じており、客室予約部にとっては紙の使用量の削減が主要な環境保護目標としています。
これからも富士ゼロックスは、当社の強みであるドキュメント技術やノウハウを軸に、お客様の経営課題解決に貢献するソリューションやサービスを提供いたします。