2013年11月26日

Fingerprint Cards AB

◎FPCがAndroid用に初の容量性指紋認証タッチセンサーFPC1020を発表

◎FPCがAndroid用に初の容量性指紋認証タッチセンサーFPC1020を発表

AsiaNet 55145
共同JBN 1446 (2013.11.26)

【イエーテボリ(スウェーデン)2013年11月26日PRN=共同JBN】Fingerprint Cards(FPC)は26日、Android用スマートフォン、タブレット向けに初めての容量性指紋認証タッチセンサーのFPC1020を発表した。FPC1020はスマートフォン、タブレットOEMメーカーにこれまでにない性能が提供できるように最適化されており、OEMメーカーはこれによって、ユーザーが認証のためPINコードやパスワードを使用する負担をなくすことが可能になる。FPC1020は1997年以来、FPC内で開発されてきたノウハウの蓄積や技術的リーダーシップ最大限に活用して開発された。15年におよぶ指紋認証タッチセンサー展開の経験がスマートフォン市場におけるFPCの市場リーダーシップと結び付き、FPC1080スワイプ・センサーはスマートフォン、タブレットに組み込まれ、その数は数千万台にどんどん近づいている。

FPC1020シリコンは数週間前にサンプル出荷されており、顧客向けのセンサーモジュール完成品のエンジニアリングサンプルの出荷は今後数週間以内に行われる予定である。

FPCで戦略・製造管理の責任者を務めるヨルゲン・ラント副社長兼最高技術責任者(CTO)は次のように説明している。「FPC1020によって、スマートフォン、タブレットOEMメーカーは大きな利便性とセキュリティーを優れた性能と魅力的なデザインに一体化した感動的なユーザー体験を消費者に提供できる。大手OEMメーカーからは指紋認証タッチセンサーを携帯機器に搭載したいとの極めて大きな需要があり、この大きな需要に応えてAndroid携帯機器用に最適化された初の容量性タッチセンサーを投入できたことは大変うれしい。当社の中核となる指紋認証センサー技術は、タッチ/スワイプ両センサーで長い間、業界最高の性能を提供してきており、この技術のおかげでFPC1020はAndroidスマートフォン、タブレットの指紋タッチセンサー採用促進で特別な立場にある」

▽Fingerprint Cards AB(株式公開企業)について
Fingerprint Cards AB(FPC)は個人固有の指紋を分析と照合によって個人の身分証明をするバイオメトリック部品および技術を開発、製造、販売している。この技術は、個別もしくは互いの組み合わせで使用することができるバイオメトリックセンサー、プロセッサー、アルゴリズム、モジュールで構成されている。FPC技術が提供する競争上の利点は、独自の画質、大きな堅ろう性、低電力消費、完全なバイオメトリック・システムなどを含む。これら利点と極めて低い製造コストを実現する能力は、そのような特質に極めて厳しい要求があるスマートカード、携帯電話など、量産製品に実装することができる。同社の技術はまた、IT、インターネット・セキュリティー、アクセスコントロールにも利用できる。Fingerprint Cards AB(publ)はナスダックOMX Stockholm(FING B)に上場しており、本社はイエーテボリにある。

Fingerprint Cards AB(株式公開企業)は、スウェーデンのSwedish Securities Market Act(2007:528)およびSwedish Financial Instruments Trading Act(1991:980)に従ってこの情報を開示する。情報は2013年11月26日午前8時(中部欧州時間)に公表された。

(重要情報)
このプレスリリースの発行、公表、配信は特定の国では制約の対象となりうる。このプレスリリースの受け手は、特定の国で施行されている規則および規制に従って、このプレスリリースおよび構成されている情報を利用する際に責任を持つものとする。このプレスリリースはすべての国で、同社のいかなる証券の取得もしくは取得契約することの提案もしくは募集ではない。

▽問い合わせ先
Johan Carlstrom
CEO Fingerprint Cards AB (publ)
+46(0)31-60-78-20
investrel@fingerprints.com

ソース:Fingerprint Cards AB


FPC Launches FPC1020, the World’s First Touch Fingerprint Sensor for Android(TM) Mobile Devices

PR55145

GOTHENBURG, Sweden, Nov. 26th, 2013 /PRN=KYODO JBN/ —

    Fingerprint Cards (FPC) today introduces the FPC1020, the world’s first
capacitive touch fingerprint sensor for smartphones and tablets using Android.
FPC1020 is optimized to offer smartphone and tablet OEMs unprecedented
performance and enables OEMs to relieve consumers from the burden of using PIN
codes and passwords for user verification. FPC1020 has been developed by taking
advantage of the aggregated knowhow and technology leadership developed within
FPC since 1997. Experiences from fifteen years of touch fingerprint sensor
deployments are combined with FPC’s market leadership in the smartphone market,
having integrated the FPC1080 swipe sensors in smartphones and tablets fast
approaching tens of millions of units.  

    The FPC1020 silicon sampled a few weeks ago and the first deliveries of
engineering samples of complete sensor modules to customers are planned during
the coming weeks.

    Jorgen Lantto, Executive Vice President, CTO and Head of Strategy and
Product Management at FPC, comments:  "FPC1020 will enable smartphone and
tablet OEMs to offer consumers a compelling user experience combining great
convenience and security with excellent performance and appealing design. There
is an overwhelming demand from the leading OEMs to integrate touch fingerprint
sensors into mobile devices and we are delighted to respond to this strong
demand by introducing the first capacitive touch fingerprint sensor optimized
for mobile devices using Android. Our core fingerprint sensor technology has
since a long time delivered the best performance in the industry for both touch
and swipe sensors and this has enabled FPC1020 to be uniquely positioned to
drive the adoption of touch fingerprint sensors into Android based smartphones
and tablets".  

    About Fingerprint Cards AB (publ)

    Fingerprint Cards AB (FPC) develops, produces and markets biometric
components that through the analysis and matching of an individual’s unique
fingerprint verify the person’s identity. The technology consists of biometric
sensors, processors, algorithms and modules that can be used separately or in
combination with each other. The competitive advantages offered by the FPC’s
technology include unique image quality, extreme robustness, low power
consumption and complete biometric systems.

    With these advantages and the ability to achieve extremely low
manufacturing costs, the technology can be implemented in volume products such
as smart cards and mobile phones, where extremely rigorous demands are placed
on such characteristics. The company’s technology can also be used in IT and
Internet security, access control, etc. Fingerprint Cards AB (FPC) is listed on
the Nasdaq OMX Stockholm (FING B) and has its head office in Gothenburg.

    Fingerprint Cards AB (publ) discloses this information pursuant to the
Swedish Securities Market Act (2007:528) and the Swedish Financial Instruments
Trading Act (1991:980). The information was issued for publication on November
26, 2013, at 08.00 a.m. (CET).


    Important information

    Issuance, publication or distribution of this press release in certain
jurisdictions could be subject to restrictions. The recipient of this press
release is responsible for using this press release and the constituent
information in accordance with the rules and regulations prevailing in the
particular jurisdiction. This press release does not constitute an offer or an
offering to acquire or subscribe for any of the company’s securities in any
jurisdiction.

    For more information contact:

    Johan Carlstrom, CEO Fingerprint Cards AB (publ), +46-(0)31-60 78 20,
investrel@fingerprints.com

    SOURCE: Fingerprint Cards AB