楽匠Zシリーズベッド

PDF リリース全文
(457KB)

2013年11月13日

在宅介護用ベッドの次世代モデルを発売、ベッド全体が傾く新しい背上げ機構を採用

2013年11月13日

パラマウントベッド株式会社

ベッド全体が傾く新しい背上げ機構を採用
~在宅介護用ベッドの次世代モデルを発売~

パラマウントベッド株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:木村恭介)は、在宅向け電動介護用ベッドの新製品「楽匠Zシリーズ」を開発しました。累計26万台の販売実績を持つ「楽匠Sシリーズ」(2009年4月発売)の後継機種です。介護用ベッドの主力製品として、2014年1月6日に発売します。

〔開発の背景〕
介護用ベッドの背上げ機能は、利用者の食事・立ち上がり等の動作の補助のほか、身体機能の維持・回復につながる大事な役割を果たしています。一方で、背中を押し上げることになるため、床ずれの発生要因となる身体のずれや腹部等への圧迫感につながる可能性もあります。利用者にとって快適な療養環境を実現することは当社にとって重要なテーマです。

「楽匠Zシリーズ」は、本人の自立を促すとともに介護者の負担も軽減する全く新しい背上げ機構を搭載しました(一部機種を除く)。従来の背上げ動作に、ベッド全体が傾く動きを加えることで、起き上がり時の身体のずれや圧迫感を大幅に軽減。背上げ後の姿勢をしっかりと保持します。
新機構では、背上げした際に足先が座面よりも下がり、従来の背上げでは天井方向に向かいがちであった視線が生活空間に広がりやすくなります。また、上体が動かしやすくなるほか、身体に負担のかかりにくい姿勢で過ごすことができ、ベッドからの離床もより容易になります。家族との会話や趣味など、介護度に応じたその人らしい生活のサポートになることを目指しました。

その他、視認性が向上した液晶手元スイッチや、適切なポジションを再現できるメモリーポジション機能を採用。また、ベッド下のフレーム構造を刷新し、ボードやボトム部の素材や形状を一新するなど、使いやすさ、ケアのしやすさ、メンテナンス性がそれぞれ向上しました。安全・安心に配慮した機能も充実しています。

販売目標は発売初年度70,000台。オープン価格。主な特長は別紙のとおりです。


■ベッド全体が傾く新しい背あげ機構(一部機種を除く)
<新機構の動き>
背あげと膝あげを組み合わせた動きによりベッド上で“椅子に座った”状態に近い姿勢をつくりつつ、さらにベッド全体を傾かせる動きを加えることで、床ずれの発生要因となる背あげ時の身体のずれや圧迫感を大幅に軽減。背あげ後の姿勢をしっかりと保持します。
①フラットな状態から、②背あげと膝あげを組み合わせた動きで“椅子に座った”状態に近い姿勢をつくりながら、③さらにベッド全体を傾ける動きを加えた、新しい背あげ機構です。

<新ポジション>
背上げした際には足先が座面よりも下がり、立位に近い身体に負担のかかりにくいより自然な姿勢で過ごせます。足を動かしやすいため、ベッドからの離床をより容易に行うことができます。また、従来の背上げでは天井方向に向かいがちであった視線がより生活空間に広がりやすくなります。

■その他の主な特長
1.ベッド下にゆとりの空間を確保した新フレーム構造
・ケアを行う際に介助者はよりベッドや利用者に近づくことができます。
・低床のまま、ベッドサイドテーブルや床走行式電動介護リフトを併用できます。
・ベッド下の掃除が行いやすくなりました。

2.ベッドから離床し活動範囲を広げる専用オプション「アクセスポート」
・ベッドからの立ち上がりを補助します。
・居室の状況にあわせた動線を設定することで、生活の範囲が広がります。

3.多機能手元スイッチを搭載
・背上げ・膝上げの角度や高さを数値で把握できます。
・電源オートオフ機能を採用。動作ごとに操作を禁止することが可能など、誤操作防止へ配慮しました。
・メモリーポジション機能により、利用者ごとの適切なポジションを再現できます。

4.福祉用具JISマーク表示
・本ベッドは安全性を高めたJIS規格(JIS T 9254:2009)で第三者機関より認証を取得しています。


5.災害に備えた「スマートハンドル」搭載タイプ(※)をラインアップ
・停電時でも背あげ・膝あげ等の各動作を手動で調節することができます。
 ※JIS認証を取得したベッドとスマートハンドルをセットにして販売するものであり、セットで認証を取得したものではありません。

6.新しくなったベッドデザイン
・ボードと本体部分の一体感のある新しい4タイプのデザイン。
・背あげ時のずれや蒸れ防止に配慮するなど、利用者への優しさを追及した新ボトムデザイン。清拭やシーツ交換のしやすさにも配慮しています。

7.選べる96種類のバリエーション
・モーションの種類(3タイプ)、幅(2タイプ)と長さ(2タイプ)、デザイン(4タイプ)、スマートハンドルの有無(2タイプ)から選ぶことができます。

8.レンタル事業者(福祉用具貸与事業者)の業務効率・メンテナンス性の向上
・持ち運び・組立のしやすさや腰痛予防を考慮して、最も重いフレームの重量を弊社従来品と比べて約28%軽量化し、約17kgとしました。
・ケーブル配線のシンプル化や表示のわかりやすさなど、組立作業に配慮しました。
・清拭のしやすい構造や水抜けのよい乾燥時間を半減した構造など、メンテナンスやクリーニングのしやすさにも配慮しました。
・事業者専用のメンテナンスモードを設定。履歴の確認や動作の高速化が可能です。

※記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。