PDF リリース全文
(260KB)

2013年10月31日

明治大学黒川農場が「収穫祭」を11月9日に開催

2013/10/31

明治大学

見る、穫る、食べる
明治大学黒川農場が「収穫祭」を開催
地域へ開かれたイベント、昨年に続き2回目

 地域と大学の連携による多目的な“都市型農場”を目指す明治大学黒川農場(神奈川県川崎市)は11月9日、「第2回 明治大学黒川農場 収穫祭」を開催します。
 この収穫祭では、同農場で収穫された農産物の販売などが行われるほか、学生ガイドによる自然生態園や研究施設の見学ツアー、身近な農業をテーマにした講演、IT栽培、LED栽培などの最新技術なども紹介されます。さらに、初の試みとしてサツマイモの収穫体験も実施予定。黒川農場の魅力を体験できる企画が満載です。

■第2回 明治大学黒川農場収穫祭
 日時:2013年11月9日(土)12時~16時
 場所:明治大学黒川農場(川崎市麻生区黒川2060-1)
    小田急多摩線「黒川駅」南口より徒歩25分
    ※当日は11時より随時送迎バスを運行します。
 主な内容:
  [1] 聞く
   講演「身近なリサイクル 生ごみ堆肥で作物栽培」
   (川崎市連携事業の紹介)など
  [2] 見る
   自然生態園、生産・研究エリアガイドツアー/
   産学共同研究の紹介
  [3] 穫る
   サツマイモなど畑での体験収穫(有料)
  [4]食べる&買う
   農産物販売/とん汁無料配布/その他、多数
 ※事前申込み不要。お車でのご来場はご遠慮ください。

■明治大学黒川農場:
 「環境・自然・地域との共生」をコンセプトに、2012年4月に神奈川県川崎市麻生区に開場。本学生田キャンパスからも近く、年間を通し継続的な実習が可能になるなど明治大学の新しい教育・研究の拠点となっている。自然を最大限に活かした総面積12万8000㎡の敷地に、先端技術を駆使した生産効率の高い栽培システムと、有機農法をはじめとする環境保全型システムを併せ持ちます。