電通

PDF リリース全文
(652KB)

2013年10月1日

電通総研が「就職活動振り返り調査」を実施

2013年10月1日

株式会社電通

電通総研が「就職活動振り返り調査」を実施 - 就職活動は、企業ブランドを体験する場となることが浮き彫りに -

電通総研は、企業向けブランドコンサルティングの強化を図るため、2014年度の内定者(内々定者)の大学4年生および大学院2年生を対象に、就職活動が企業やブランドに及ぼす影響について把握するための調査を行いました。
就職活動を行う学生(短大生・大学院生は除く)は約42万人(※1)存在しており、1人当たりの受験企業数は平均約51社(※2)に上ります。8月30日~9月1日の期間で実施したこの「就職活動振り返り調査」では、就職活動中に受けた企業の印象や経験によって、当該企業やその企業の商品やサービスに対する意識が変化することが分かりました。これを企業側の視点から捉えてみると、企業にとっての「就職活動期間」とは、将来自社で働く社員を見つける採用の期間であると同時に、学生を未来の顧客と想定し、企業価値や商品価値を伝えることができる、極めて重要な機会であると言えます。
また本調査を通して、イマドキの就職活動生の意識を示すキーワードとして、“プチしたたか”という表現を抽出しました。
以下、今回の調査から得られた主なトピックスを紹介します。

※1 平成24年実施 厚生労働省「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」より
   就職希望者数を就職活動実施者数と想定して記載
※2 電通総研 電通若者研究部実施「就職活動振り返り調査」より
  「資料・情報の請求をする(エントリーをする)」平均受験企業数

1.就職活動期間とは、企業にとって未来の「社員」と「顧客」を獲得する期間
① 就職活動生のうち、2人に1人は潜在顧客に
② 「人=社員」の印象は、企業の印象に直結
③ 選考開始前は「Webメディア」、就職先を決める段階では「企業の独自メディア」と「人」が最も重要視される情報源

2.イマドキの就活生意識のキーワードは “プチしたたか”
① 就職スタイルの意識は、“内定を得るためには、自分戦略が必要”、“第三者評価を使って、
間違っていないかを確認”
② 企業選びの意識は、“「スペック」(規模や収入等)から「リレーション」(企業と自分の
関係性)へ”
③ 未来の働き方意識は、“自分らしく働きたい”、“女性は「社風・職場の雰囲気」、男性は「給与水準」が就職先の決め手”
④ 就職活動振り返り意識は、“就活を終える理想のタイミングは、「大学4年の6月」”

※調査資料等は、リリース本文をご確認ください。