『明星 Quick1』シリーズ

PDF リリース全文
(311KB)

2013年10月1日

『明星 Quick1(クイックワン)』シリーズが 「2013年度 グッドデザイン賞」を受賞しました

2013年(平成25年)10月1日

明星食品株式会社


“1分クッキング 食べるスープ&ヌードル”

『明星 Quick1(クイックワン)』シリーズが
「2013年度 グッドデザイン賞」を受賞しました

明星食品株式会社(社長:山東一雅)は、ノンフライタテ型カップめん『明星 Quick1』シリーズ(2013年2月18日新発売)で、「2013年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞することとなりました。

『明星 Quick1』シリーズは、1分間で湯戻しできる当社独自のスチームノンフライ製法による新開発の麺と、煮込んだようなおいしさをぎゅっと詰めこんだスープメニューを組み合わせた、「1分クッキング 食べるスープ&ヌードル」をコンセプトとした、タイムコンシャス商品です。

パッケージをデザインするにあたっては、「1分でおいしく出来上がるという新しい調理行為を具象化する」ことをデザインコンセプトとしました。多様化する現代の食シーンを見据え、家庭の食卓にとどまらずオフィスのデスクでも違和感なく楽しめるデザインを意識し、また、必要な表示事項をカラフルでシンプルなデザインで分かりやすく表現しています。

【受賞商品の概要】
●受賞した商品名:「明星 Quick1 チキンコンソメ/ブイヤベース/ミネストローネ」
●商品概要:1分間で湯戻し調理できる新開発の麺と洋風スープメニューを組み合わせた“タイムコンシャス+おいしさ”に加え、“うれしい198Kcal”を訴求する新技術のノンフライタテ型カップめん。
●デザイナー:上方宏之(当社 マーケティング本部所属)
●受賞理由(評価されたポイント)
「カップ麺は3分」という常識を覆す1分で食べられる商品を企画し、それを技術力によって実現させているところが評価に値する。これまでにない時間短縮という新奇性に加えて、それなりのおいしさや抑えめなカロリーもユーザビリティが高い。また、1分でできる新しい食のスタイルを提示するための「Q1」というストレートなネーミングは的確であり、それを立たせたシンプルなデザインは、店頭で速やかに伝わるコミュニケーションを可能にしている。


■グッドデザイン賞受賞展“グッドデザインエキシビジョン2013”で『明星 Quick1』が紹介される予定です。
10月30日(水)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビジョン2013」会場で、「明星 Quick1」シリーズが本年受賞作として紹介される予定となっております。

「グッドデザインエキシビジョン2013」
●会期:2013年10月30日(水)~11月4日(月/振休)
●会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
●主催:公益財団法人日本デザイン振興会

※グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は39,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。