PDF リリース全文
(309KB)

2013年9月26日

起業家表彰制度 “EY EOY 2013 Japan” 第2回東海・北陸大会 東海・北陸地区を代表する起業家を決定

2013年9月26日

新日本有限責任監査法人

起業家表彰制度 “EY EOY 2013 Japan”
第2回東海・北陸大会
東海・北陸地区を代表する起業家を決定

 新日本有限責任監査法人は、2013年9月26日、EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン(EY Entrepreneur Of The Year Japan、以下「EY EOY Japan」)第2回東海・北陸大会アワードレセプション(名古屋で開催)において、東海・北陸アントレプレナー賞受賞者13人(下記参照)の中から、東海・北陸地区を代表する4人の起業家を決定いたしました。
 この4人の起業家は、本年11月に東京で開催されるEY EOY 2013 Japan の選考に臨みます。

水野 泰三氏 株式会社アルペン 代表取締役社長(愛知県名古屋市)
岡田 贊三氏 飛騨産業株式会社 代表取締役社長(岐阜県高山市)
近藤 典彦氏 会宝産業株式会社 代表取締役社長(石川県金沢市)
杉山 仁朗氏 富士特殊紙業株式会社 代表取締役社長(愛知県瀬戸市)

【EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーとは】
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(EY Entrepreneur Of The Year、以下EY EOY)とは、活躍する起業家の姿をロールモデルとして紹介し、後に続くアントレプレナーの輩出を支援するため、1986年にアーンスト・アンド・ヤングによって創設された起業家表彰制度です。
現在、世界約60カ国で実施されています。日本においては、EY EOY Japanとして、日本のアントレプレナーを国際的なステージに輩出する唯一の起業家表彰制度として、2001年より実施しており、本年で13年目を迎えます。
EY EOY Japanは、アントレプレナーシップのロールモデル選出に取り組むとともに、本プログラムを通じ、世界に進出する起業家の支援、起業家コミュニティの形成など、次代を担う起業家のサポートを推進してまいります。


【EY EOY 2013 Japan 第2回東海・北陸大会アントレプレナー賞 受賞者一覧】(氏名50音順)

<ナショナル・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー部門>
■水野泰三氏 株式会社アルペン 代表取締役社長(愛知県名古屋市)
国内スポーツ小売業界において売上高28年連続ナンバーワン。アルペン、ゴルフ5、スポーツデポの3業態で全国385店舗を展開。スポーツ用品の自社開発を強みとし、PB商品の売上高比率は27%となっている。

<アクセラレーティング部門>
■岡田贊三氏 飛騨産業株式会社 代表取締役社長(岐阜県高山市)
1920年創業の飛騨の匠の心と技を受け継ぐ家具メーカー。優れた技術とデザインで、お客さまに長く愛されるものづくりをめざしている。

■木村博彦氏 株式会社木村鋳造所 取締役会長(静岡県駿東郡)
フルモールド鋳造法という革新的な製法で、自動車用プレス金型から、工作機械、エネルギー、生活インフラ関連と幅広い分野の鋳物を製造。ITを駆使し、大型で複雑形状の鋳物を高品質・短納期でお客さまにお届けする。

■近藤典彦氏 会宝産業株式会社 代表取締役社長(石川県金沢市)
中古自動車部品を世界71カ国に輸出、5カ国に販売拠点を持ち、ナイジェリア、ブラジルでリサイクル工場を展開。中古自動車部品の国際規格化を図り、自動車リサイクルのグローバル・ネットワーク構築を目指す。

■杉山仁朗氏 富士特殊紙業株式会社 代表取締役社長(愛知県瀬戸市)
食品パッケージの製造販売を行っており、これまで実現不可能とされていた水性インキによるプラスチックフィルムへの印刷を可能にすることで、地球環境や労働環境に配慮した製造工程を確立している。

■野坂弦司氏 日本システムバンク株式会社 取締役会長(福井県福井市)
コインパーキング事業を通して、遊休不動産の有効活用を行い、「満室満車経営」を旗印に社会と環境に優しい会社を目指している。

■松村吉彰氏 株式会社ジャパン・フラワー・コーポレーション 代表取締役社長兼CEO(富山県射水市)
日常の中に「花」が溶け込めるよう、価値ある質と価格の「花」を提案する「花文化創造企業」として、新しいアイデアとシステムを開発。フラワースクールの運営なども行う。

<チャレンジング・スピリット部門>
■池山紀之氏 株式会社池山メディカルジャパン 代表取締役(愛知県名古屋市)
「乳がんで悲しむすべての女性に笑顔を」をモットーとした人工乳房事業を柱に、医療の最後の砦として、あらゆる人体パーツの製作を行い、患者さまに普通の生活を取り戻していただくためのお手伝いをする会社。

■岩井宏太氏 株式会社ALL CONNECT 代表取締役(福井県福井市)
「世界最高の販売ソリューションを提供する」。商品を売りたい企業がコストゼロ、ノウハウなしでWeb上で商品を販売できるサービスを提供。自社の各部門が支えあい、提案から運営までを一括で行うことで最適化と効率化を図り、クライアントからの信頼を得ている。

■佐藤幸男氏 株式会社スペースビジョン 代表取締役社長(東京都渋谷区)
名古屋工業大学および慶應義塾大学における3D画像技術の研究成果を基礎として設立された大学発ベンチャー企業。世界屈指の技術を武器として市場を牽引する。

■田中 博氏 イノベーティブ・デザイン&テクノロジー株式会社 代表取締役(静岡県浜松市)
電気分解の応用技術に特化した研究開発を行う。世の中のためになり、世の中には無い商品の開発を行うことで、他社には無い特徴を持った商品を世に送り出す。

■戸田泰寛氏 株式会社静岡プラント 代表取締役(静岡県榛原郡)
独自の特許技術の気流式粉砕機「サイクロンミル」は、食品・医薬品・化粧品・リチウムイオン電池分野で、高品質で低コストの微粉体を提供。新たな市場を開拓しながら、静岡発の粉砕技術を世界へ発信する。

■米田昌弘氏 バイザー株式会社 代表取締役 CEO(岐阜県大垣市)
私たちの事業は「情報を届け、つなげること」である。つなげることを公益事業ととらえ、「知ることで明日が変わる」という思いのもとメール、スマートフォンアプリ、SNSを通じて安心・安全・快適な情報を届ける。

【EY EOY 2013 Japan 第2回東海・北陸大会運営体制】
主催:EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー東海北陸大会実行委員会
後援:独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部、独立行政法人中小企業基盤整備機構北陸本部、公益財団法人あいち産業振興機構、公益財団法人岐阜県産業経済振興センター、公益財団法人三重県産業支援センター、公益財団法人静岡県産業振興財団、公益財団法人ふくい産業支援センター、財団法人石川県産業創出支援機構、公益財団法人富山県新世紀産業機構、日本経済新聞社名古屋支社、中日新聞社、静岡新聞社・静岡放送

http://test.shinnihon.or.jp/about-us/news-releases/2013/2013-09-26.html