「インターメディアテク」 Museography (c) UMUT works

PDF リリース全文
(210KB)

2013年10月1日

JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテクが「2013年度グッドデザイン賞」を受賞

2013年10月1日

株式会社丹青社

インターメディアテクが「2013年度グッドデザイン賞」を受賞
日本郵便と東京大学総合研究博物館の協働によるミュージアム
丸の内・JPタワー内で学術文化に触れる
既存資源を融合した実験の場に評価

 株式会社丹青社(本社:東京都台東区/代表取締役社長:青田 嘉光)が空間づくりで参画した「JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク」が、「2013年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会) を受賞しました。

 「グッドデザイン賞」は日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みで、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。


■ 受賞対象「JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク」

【プロジェクト概要】
 東京・丸の内に誕生したJPタワーの2・3階に設置された、日本郵便と東京大学総合研究博物館の協働によるミュージアム。東京大学が明治10年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料などの貴重な学術文化財を活かし、丸の内という好立地において多くの人が学術文化に触れる機会を創出することを目指しています。
 施設コンセプトは「インターメディアテク」。日本語に訳せば「間メディア実験館」となり、単に学術文化財を展示するという域を超えて、アート&サイエンスをキーワードに既存の資源・表現メディアを融合した実験の場となっています。

[事業主]日本郵便株式会社
[総合監修]東京大学総合研究博物館館長 西野嘉章
[ミュージアム企画]東京大学総合研究博物館
[ミュージアム設計]東京大学総合研究博物館インターメディアテク寄付研究部門+株式会社丹青社+株式会社SIMPLICITY
[展示デザイン]東京大学総合研究博物館インターメディアテク寄付研究部門
[技術管理]株式会社丹青社

【空間デザインについて】
 既存資源や価値体系を最大限に活用し再構築することで、美しさと独創性を持つ空間・展示を実現。使い古されて異なる記憶や履歴を持つ学術標本や什器、そして建築までをもトータルに「リ・デザイン」することによって、独自のレトロフューチャリズムの世界を創出しています。
 建築については、現行法規に順応させながら、旧局舎の保存建築がもつ豊かな空間・歴史・空気感を最大限に活用。新たに設けた設備配管等も審美性の高いミニマルなデザインによって雰囲気を損なわないよう配慮しています。あわせて、東京大学の学内で使われていた歴史的な記憶や物語を有する什器の使用によって、歴史や記憶、学術の雰囲気が漂う唯一無二の空間となっています。

【丹青社ウェブサイトのプロジェクト紹介ページ】
http://www.tanseisha.co.jp/solution/story7


■ 審査委員の評価
「日本郵便と東京大学総合研究博物館との恊働によって、保存再生された東京中央郵便局の一角に生まれたミュージアムである。昭和の時代を象徴する建築空間、学術的な数々の標本、そして東大で使われていた家具什器などが幾重にも折り重なるようにして生まれた空間は、かつて見た事もないような新鮮な驚きを与えてくれる。その時間と空間の地層のようなミュージアムは、学術といった領域を超えて、多くの人たちが楽しむことのできる空間になっているのではないか」


■ 「グッドデザイン賞」について
グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は39,000 件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/


<丹青社について>
「こころを動かす空間創造のプロフェッショナル」として、店舗などの商業空間、博物館などの文化空間、展示会などのイベント空間等、人が行き交うあらゆる空間づくりの課題解決をおこなっている企業です。調査・企画から、デザイン・設計、制作・施工、運営まで、空間づくりのあらゆるプロセスをサポートしています。

社名: 株式会社丹青社
本社: 東京都台東区上野5-2-2 〒110-8549 
設立: 1959年(昭和34年)12月25日
資本金: 40億2,675万657円(2013年1月31日現在)
従業員: 1,061名(連結・2013年1月31日現在)
URL: http://www.tanseisha.co.jp