浴衣デーには1000人を超える参加者が

PDF リリース全文
(266KB)

2013年9月4日

上智大学100周年学生委員会が発足~もっと上智を好きになる~をテーマに活動スタート

2013年9月4日

上智大学

上智大学100周年学生委員会が発足
~「もっと上智を好きになる」をテーマに、学生主導で創立100周年を盛り上げるさまざまな企画を展開~

2013年に創立100周年を迎えた上智大学では、この度、本学および上智大学短期大学部の有志による学生約40名が参加し、「上智大学100周年学生委員会」が発足しました。「学生の立場から100周年を盛り上げたい。上智の仲間と思い出を共有したい」という学生たちの強い思いから結成された同委員会の活動テーマは「もっと上智を好きになる」。同委員会は、学生の大学への帰属意識を高め、学生自身が主体的に創立100周年を盛り上げていくことを目的に、さまざまな企画を展開していきます。

▼上智大学100周年学生委員会 主催イベント

■上智浴衣デー ※2013年7月5日(金)に四谷キャンパスで実施
同委員会がSNSなどを通じて浴衣の着用を呼びかけ、当日は約1200人が浴衣で登校。冷房を使わなくてもよい格好で節電に貢献し、かつ日本の伝統的な文化である「七夕」を体験することを目的に実施されました。当日は、七夕連動企画として、次の100年に寄せての上智への思いを記した短冊を用いたアート制作のほか、留学生への浴衣レンタルも実施。また、学生新聞である上智新聞が号外を発行するなど、他の課外活動団体も参加し、盛況なイベントとなりました。同イベントは環境省の“SUPER COOLBIZ”にも賛同しています。

■上智への提言を広く在学生から募集する「学生提言コンテスト」
学校法人上智学院が設置する教育機関 (上智大学、上智大学短期大学部、上智社会福祉専門学校、聖母大学、聖母看護学校)の在校生を対象に、「上智」に対する提言を募集。「今、100周年を迎える上智に提言したいこと」をテーマに、知識や実体験に基づいた視点から、上智生、そして上智大学が挑戦していくべきことなどを考察して提言として募集するものです。最優秀賞は11月1日の創立記念日に実施される「創立100周年記念式典」で表彰されるほか、3月に予定されているローマ教皇フランシスコの謁見巡礼に学院代表として参加する権利が授与されます。

■上智をモザイクアートで表現 「ALL SOPHIAN’S MoSaiC aRT」
在校生、教職員合わせて1200人以上の写真撮影を行い、創立100周年記念事業公式ロゴをモチーフにした2m×2mの巨大モザイクアートを制作します。10月中旬の完成を目指して制作中。完成後の作品は四谷キャンパスに展示する予定です。

■100周年を盛り上げる学生たちの活動風景を記録した「100周年スペシャルPV」制作
創立100周年の盛り上がりを、現役学生だけでなく将来の学生にも伝えていくため、100周年学生委員会の活動を中心としたPVを制作しています。現在、学内の放送系の課外活動団体と共同で制作を進めており、完成次第広く公開する予定です。完成は10月中旬を予定。

■活躍している卒業生にインタビュー「ソフィアンズインタビュー」
社会において、さまざまな分野の第一線で活躍している卒業生5名を選出し、インタビュー。それを特設ウェブで公開いたします。9月下旬から随時更新予定。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
上智大学100周年学生委員会では、twitterとfacebook、ウェブサイトで情報を発信しています。
公式twitterアカウント:https://twitter.com/the100sophia アカウント名 @the100sophia
公式facebook :https://www.facebook.com/the100sophia
公式ウェブサイト: http://the100sophiapr.wix.com/officalwebsite