PDF リリース全文
(589KB)

2013年9月3日

「INDIE SPORTS FREAKS」プロジェクト始動! 世界で戦う日本の各種インディー・スポーツを応援します。

9月3日

株式会社マルハニチロホールディングス

― 「いつか、世界に驚きを。」 ―
㈱マルハニチロ食品の 「INDIE SPORTS FREAKS」プロジェクト始動!
世界で戦う日本の各種インディー・スポーツを応援します。
        
チアリーディング、キンボールスポーツ、スカッシュの
3競技団体に協賛し、
公式Facebookを通じて、その魅力を紹介していきます。

株式会社マルハニチロ食品(本社:東京都江東区、代表取締役社長:坂井 道郎)は、スポーツ応援プロジェクト「INDIE SPORTS FREAKS(インディ・スポーツ・フリークス)」を立ち上げ、各種競技団体への協賛・応援活動を始動します。

本プロジェクトは、インディーズ・スポーツ(日本では知名度は高くないものの、世界でもトップレベルで戦っているスポーツ)の応援を目的とし、9月3日の公式Facebookページ開設をもってスタートしました。始動にあたり、まずはチアリーディング、キンボールスポーツ、スカッシュの3競技団体※と協賛契約を締結しました。
※公益社団法人日本チアリーディング協会、一般社団法人日本キンボールスポーツ連盟、公益社団法人日本スカッシュ協会

Facebookページでは、トップ選手達が世界と戦う奮戦記やメッセージ、日々の試合や練習における創意工夫を紹介し、3競技の魅力を広く社会に伝えていきます。本プロジェクトを通じて、ファンの拡大を図るとともに、単なる協賛には留まらず、ファンの皆さんと一緒に応援する、“新しいスポーツの新しい楽しみ方”を提案していきたいと考えます。また、今後は3競技以外のスポーツの応援も予定しています。


【「INDIE SPORTS FREAKS」プロジェクト始動までの経緯】

日本には、知名度は高くないものの、世界でもトップレベルで戦っているスポーツが多くあります。彼らは、限られた条件の中で、様々な創意工夫を凝らし、日々練習を重ねています。
「世界においしいしあわせを」というスローガンを掲げ、「宇宙食缶詰」をはじめとする数々の「食」のアイデアで、世界中においしさと楽しさを提供し続けてきた㈱マルハニチロ食品は、常に新しいアイデアを生み出し、世界と戦っている彼らの姿に強く共感しました。そこで、㈱マルハニチロ食品は“知名度は高くないものの、世界一を目指して戦い続けているスポーツ”を、「インディーズ・スポーツ(INDIE SPORTS)」と称し、それらスポーツを応援する「INDIE SPORTS FREAKS」プロジェクトを展開するに至りました。
プロジェクトの中核は、「INDIE SPORTS FREAKS」公式Facebookページです。単なる企業協賛という形ではなく、ファンの皆様とともに、この3競技を継続的に応援していくというものです。Facebook内では、「PLAY IDEA!」のスローガンのもと、各競技の日本トップクラスの実力を誇る選手達によって、その競技への想いや、創意工夫にあふれる練習風景、白熱する試合状況などが随時投稿されます。その投稿内容を通じて、多くの人々に、これまで明かされることのなかった競技、そして選手たちの魅力を深く知っていただき、メジャースポーツとは違う、“新しいスポーツの新しい楽しみ方”を見つけていただけるものと考えています。

「いつか、世界に驚きを。」

インディーズ・スポーツの選手の皆さんの創意工夫を凝らした努力の積み重ねが、いつか世界一を勝ち取る日まで、㈱マルハニチロ食品は、ファンの皆様とともに応援し続けます。


【「INDIE SPORTS FREAKS」公式Facebookページに投稿を予定している選手/チーム】

□チアリーディング
笑顔で元気いっぱいに声を出しながらスピード感溢れる技の数々で、みんなに元気と勇気を与え、そして人を笑顔にする団体スポーツです。協調性・思いやり・リーダーシップが自然に育まれるチアリーディングは、幼児からシニアまで幅広く楽しまれています。

11月の世界選手権日本代表女子は7連覇・男女は4連覇に挑みます。
12月の全日本学生選手権・2月の全日本高校・クラブチーム選手権、子ども大会、5月のアジアインターナショナルオープン国際大会、6月からの各地区予選会を経て、8月のJAPANCUP日本選手権の頂点を目指して全国のチアリーダーが奮闘します。

□キンボールスポーツ
キンボールスポーツは、1986年カナダ・ケベック州で考案された、今までにない、新しいタイプのスポーツです。
インパクトのある巨大なボール、特徴のあるルールは日本国内において、学校やコミュニティで受け入れられ、急速に普及しています。

愛好者数は、北米・ヨーロッパ・アジアを中心に推定500万人。
国際キンボールスポーツ連盟が主催する2年に1度開催される、世界大会・ワールドカップでは、日本代表チームが世界一を目指して頑張っています。

□スカッシュ
スカッシュは、小さなゴムボールをラケットで交互に打ち合う新しい室内型スポーツ。
前面だけでなく横や後ろの壁も使うので、立体ビリヤードとも呼べるような知的なショットが楽しめます。

男女や年齢を問わず手軽に爽快な汗を流せる一方で、トップレベルの選手のプレーはスピードと迫力に溢れ、多くの観客を魅了しています。
世界で185以上の国や地域の約2,000万人の人々に親しまれているスカッシュは、オリンピック競技入りと世界一を目指して戦い続けています。


以上