「WorldJumper for アプリ」サービスページ  http://www.worldjumper.com/app/

PDF リリース全文
(471KB)

2013年8月19日

スマホ&ウェブアプリ向け翻訳に特化した新サービス「WorldJumper for アプリ」提供開始

2013年8月19日

八楽株式会社

スマホ&ウェブアプリ向け翻訳に特化した新サービス「WorldJumper for アプリ」提供開始
-ビジネスチャンスを最大化!高品質翻訳で海外マーケットにいち早く対応-

クラウドベースのハイブリッド型翻訳管理システム「WorldJumper(ワールドジャンパー)」を企画・開発する八楽株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂西 優)は8月19日、スマホ&ウェブアプリ向け翻訳に特化した新サービス「WorldJumper for アプリ(以下WJ for アプリ)」の提供を開始いたしました。

対応言語は日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語で、順次追加予定です。価格は1文字あたり10~20円、スマートフォンアプリ、ウェブアプリのいずれにも対応しています。

「機械と人間のハイブリッド翻訳で高品質な翻訳をスピーディーに」という従来からのワールドジャンパーの強みを活かし、ゲーム、学習等アプリの種類や世界観により求められる独特の言い回し、文字数制限などに対応できるよう、クライアントのニーズを反映した翻訳辞書を用意します。使用頻度が高くなるほど翻訳辞書が充実し、手間・コストの軽減、クオリティの向上につながります。
「アプリ」という、身近で多くの方にご利用いただきやすい分野に特化した翻訳サービスを提供させて頂くことで、海外展開を目指す事業者の皆様を積極的にサポートいたします。

【ワールドジャンパーとは?】
ワールドジャンパーは、「翻訳メモリ」+「機械翻訳」+「人間翻訳」を組み合わせ、ウェブサイトの翻訳を、高い品質で、早く、安く提供するサービスです。翻訳辞書の効果で、使えば使うほど安くなる仕組みを実現し、最短で1日から導入可能です。費用は、従来比で半額程度となります。
http://www.worldjumper.com

【WJ for アプリとは?】
ワールドジャンパーの仕組みを応用して、スマートフォンアプリ、ウェブアプリ翻訳に特化したサービスです。適した料金体系、翻訳クオリティを実現し、アプリ事業者の皆様にご利用いただきやすいようカスタマイズしています。

・「機械翻訳」によるスピード、「人間翻訳」による精度を組み合わせ、海外ユーザーに受け入れられる翻訳の品質を確保しながら、従来よりも高いスピードで翻訳することを可能にしました。
・アプリ開発企業ごとに「ユーザー辞書」を用意しているので、会社毎にこだわりたい表現や固有名詞は自動的に翻訳されていきます。また、ワールドジャンパーを通じて翻訳をする度に翻訳結果が翻訳メモリに自動的に蓄積されていくので、バージョンアップの際にはコストとスピード面で極めて高いメリットを得られます。
・xmlに直接対応可能です。翻訳結果をアプリに反映させる際の手間を大幅に削減しました。

WJ for アプリに関する説明ページ
http://www.worldjumper.com/app/

【サービスの利用方法】
・Excel、CSVに加え、xmlにも対応します。

【サービス料金】
・修正対象文字数 1文字あたり10~20円(その他月額固定料金等は発生いたしません)