PDF リリース全文
(238KB)

2013年8月1日

キャリア・企業向け通信サービスBroadLineの「IDCフロンティア クラウドサービス」接続開始について

2013年8月1日

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

キャリア・企業向け通信サービスBroadLineの
「IDCフロンティア クラウドサービス」接続開始について

株式会社TOKAIコミュニケーションズ(代表取締役社長:鴇田勝彦、以下当社)は、キャリア・企業向け通信サービスBroadLineの「Ethernet専用線」および「リレーションEthernet」において、株式会社IDCフロンティア(代表取締役社長:中山一郎、以下IDCフロンティア)が提供する「プライベートコネクト*1」を経由した「IDCフロンティア クラウドサービス*2」への接続を8月1日より開始します。

BroadLine「Ethernet専用線」および「リレーションEthernet」は、お客様拠点間やデータセンター、クラウドサービスを接続する高品質なEthernetサービスとして、多くのお客様にご利用いただいております。今回新たに「プライベートコネクト」との接続により、「IDCフロンティア クラウドサービス」へのセキュアで信頼性の高いプライベート接続が可能となります。通信速度は10Mbpsから1Gbpsまで※、お客様の利用シーンや用途に応じて自由にお選びいただけます。

当社は、「IDCフロンティア パートナープログラム*3」のメンバーとして、信頼性と安定性に優れた接続環境を提供することで、「IDCフロンティア クラウドサービス」の利用を促進するとともに、今後もお客様に安心してご利用いただける満足度の高いサービスを提供します。

※1Gbps以上での接続は個別にお問い合わせください。


■ 株式会社IDCフロンティア様からのエンドースメント
IDCフロンティアは、TOKAIコミュニケーションズ様が提供を開始するIDCフロンティア クラウドサービスとの閉域網接続サービスの発表を心より歓迎いたします。
お客様が弊社クラウドサービスへの閉域網接続として、広帯域、高品質な通信サービス「BroadLine」を選択できるようになることで、より一層クラウドサービスの普及が促進されることを確信しています。
IDCフロンティアはこれからも、高速・大容量のネットワークと、信頼性、安定性、拡張性を実現するデータセンター群をベースに、シームレスでスケーラブルなITインフラを提供してまいります。

株式会社IDCフロンティア
技術開発本部 本部長
林 眞樹


*1  プライベートコネクト
IDCフロンティアの高速バックボーンネットワークを活用し、お客様ネットワークとIDCフロンティアのクラウドサービス・データセンター間を、インターネットを介さずにセキュアな閉域網で相互に接続するサービス。

*2 IDCフロンティア クラウドサービス
IDCフロンティアが提供するSLA99.999%のIaaS型クラウドサービスで、運用サポートを提供するマネージド型と、クラウド基盤にCloudStackを採用しITリソースを構築・管理できるセルフポータル型およびプライベートクラウドサービスをラインナップ。

*3 IDCフロンティア パートナープログラム
パートナーと共同でIDCフロンティアのデータセンターおよびクラウドサービスや、パートナーの機器・サービスなどを組み合わせたソリューションを開発し販売するプログラム。


【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社TOKAIコミュニケーションズ キャリアサービス事業部 営業推進部
E-Mail:info@broadline.ne.jp      ウェブサイト:http://www.broadline.ne.jp/

【報道関係者の方からのお問い合わせ】
株式会社TOKAIホールディングス 広報・IR室 担当 酒井
TEL:054-273-4878