Q.洗濯機を洗浄する頻度は?

PDF リリース全文
(387KB)

2013年7月2日

『洗濯機内の洗浄に関する意識調査」約7割の洗濯槽にカビが残っている可能性あり』

2013年7月2日

シャボン玉石けん株式会社

『洗濯機内の洗浄に関する意識調査』
約7割の洗濯槽にカビが残っている可能性あり!
定期洗浄していない洗濯槽はカビや嫌なニオイの温床に

シャボン玉石けん株式会社(福岡県北九州市/代表取締役社長:森田隼人)は、この度10代から40代の女性を対象にして「洗濯機内の洗浄に関する意識調査」を行いました。(WEB調査、調査期間:2013年6月18日~24日、サンプル数:1,789人)
調査の結果、少なくとも2~3ヵ月に1度の頻度で行うのが適正だといわれる洗濯槽の洗浄を、適正頻度で行っていない人が69.3%に上ることが分かりました。目に見えない洗濯槽の裏側はカビが繁殖しやすく、それがたまると洗濯機の振動で剥がれ落ち、衣類に付着することがあります。また、嫌なニオイを放つ原因にもなります。

以下に、調査結果から分かる洗濯槽洗浄に関する主な現状3点を解説します。

①洗濯槽の洗浄を適正な頻度で行わない人が約7割!
洗濯機内を洗浄する頻度を問う質問に対し、適正な頻度といわれる「2~3か月に1度」より少ないと答えた人を合わせると69.3%と多く、その中でも「全くしない」と答えた人が21.7%という結果になりました。


②洗濯槽の洗浄理由は大きく分けて、清潔さとニオイの2つ!
洗濯槽を洗浄する理由の第1位は「清潔にしたいため」で67.8%。続いて「衣類に石けんカスが付かないようにするため」が11.7%と洗濯機内の清潔さに関する回答が多く、第3位は「ニオイを取るため」で10.9%、第4位は「衣類にニオイが付かないようにするため」が4.3%と、ニオイの解消に関する回答が続きました。


③約45%の人が洗濯槽クリーナーの効果を実感できず!
市販の洗濯槽クリーナーの不満点を問う質問に対し、43.7%の人が「効果が実感できない」と回答。清潔にすることと、ニオイの解消という期待に対して応えられていないことが分かります。機能面での不満では、「ニオイがきつい」と答えた人が9.3%と2番目に多く、ニオイの解消を期待しているにも関わらず、商品自体のニオイに対して不満が集まっていることが分かります。


■ご自身やご家族のために、1~2ヵ月に1度は洗濯槽洗浄を!
調査結果の通り、正しく洗濯槽洗浄ができていないのが現状です。カビや細菌の繁殖を防ぐためには、1~2ヵ月に1度の洗濯槽洗浄が有効です。これまで効果を実感できなかった方や、初めて洗浄する方には、酸素系のクリーナーをおすすめします。
嫌なニオイがせず、発泡パワーにより汚れを浮かして落とすので、これまで実感しづらかった効果を一目で感じることができます。
汚れが「ごっそり」取れると、洗濯槽の洗浄も楽しくなります。


■特に梅雨明けに洗濯槽を洗浄することをおすすめします!
梅雨の時期は特にカビが生えやすく、嫌なニオイが発生する原因になります。これまで洗濯槽の洗浄をしたことがない人も、定期的に行っている人も梅雨明けのタイミングで溜まった汚れを落とすことをおすすめします。