PDF リリース全文
(23,237KB)

2013年6月27日

全視野をラクにするレンズ「MEKARA」新TV-CM ~2013年6月29日(土)から放送開始~

2013年6月27日

株式会社メガネスーパー

全視野をラクにするレンズ「MEKARA」新TV-CM
筧利夫さん、「疲れメガネ」に別れを告げ
「MEKARA」と新しい恋の予感!?
~2013年6月29日(土)から放送開始~

株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:嘉野敬介、以下メガネスーパー)は、全視野をラクにする負担軽減レンズ「MEKARA」の発売に伴い、イメージキャラクターの俳優・筧利夫さんを起用した新TV-CM「トキメキ」篇(15秒)を、2013年6月29日(土)から全国で放送開始いたします。

「MEKARA」は、近年、パソコン作業やスマートフォンなど、近距離で手元を見る機会が増え、眼に負担をかけることが多い現代人のライフスタイルに対応した新時代レンズです。
近方を見る際の調節力をサポートする「垂直非球面設計」を採用し、眼の負担を軽減。同時に上下左右の視界全体をよりクリアにする「左右非対称設計」も取り入れ、眼を上下・左右に動かしても、より自然な見え方を実現しています。

今回のTV-CMで、筧さんが演じるのは、これまでの役者人生でも経験のない疲れた「目」そのものです。また、バニラビーンズ・リサさんは、加齢等による眼の変化への対応不足や矯正不良、ディスプレイを長時間見る環境など目の疲れを引き起こしやすい状況に対応していない眼鏡を表す「疲れメガネ」。そして、バニラビーンズ・レナさんは、「疲れメガネ」で眼に負担をかける現代人にピッタリの新時代レンズ「MEKARA」を演じます。

筧さん扮する「目」は、負担を感じる恋人「疲れメガネ」に別れを告げ、偶然通りかかったメガネスーパーの店舗で、負担を軽減する新恋人「MEKARA」と運命の出会いを果たします。眼に負担をかける「疲れメガネ」から疲れた「目」を救う新時代レンズ「MEKARA」。実際のレンズやフレームは一切登場せず、男女の別れと出会いをモチーフにしたドラマ仕立てのストーリーにより、コミカルな世界観とともに描かれます。

【TV-CM内容】
「トキメキ」篇
 疲れメガネ(バニラビーンズ・リサさん)が暮らすゴージャスな高級マンション。まぶたが重く、すっかり疲れた表情の目(筧利夫さん)が、恋人の疲れメガネに対して、今まさに別れ話を切り出します。「もう別れたいんだ」と冷たく別れを告げる目。「どうして~!」と崩れ落ちる彼女を一瞬振り返って、「負担を感じるんだ!」と強烈な一言を放ちます。そして、『さよなら、“疲れメガネ”。』というタイトルがインサートします。画面が切り替わり、疲れた表情で街なかを歩いている目。メガネスーパーの店舗前でふと何かに気付いて振り向くと、開いたドアから何と新時代レンズ「MEKARA」(バニラビーンズ・レナさん)が姿を現し、目のまぶたが勢いよくパカッと開きます。目を見て、にっこり微笑む「MEKARA」の姿に、すっかりメロメロになった目が、MEKARAを後ろからそっと抱きしめます。

■TV-CM概要
○TV-CM名    :「トキメキ」篇(15秒)
○放送開始日 :2013年6月29日(土)
○出演者   :筧利夫、バニラビーンズ(レナ・リサ)
○撮影エピソード
実際のメガネスーパー店舗でロケ撮影
 筧さん演じる「目」が、「MEKARA」役のバニラビーンズ・レナさんと出会う場面の撮影は、実際のメガネスーパー店舗にて早朝から行われました。天候が心配な梅雨時のロケでしたが、スタッフの祈りが通じたのか、本番中は一度も雨に降られることなく、朝から元気いっぱいで、休憩中も監督やスタッフに冗談を言って現場を和ませる筧さん、その場にいるだけで周りの空気がパッと華やかになるレナさんの息の合った掛け合いで、撮影は順調に進行。予定通り、店舗の開店前までに無事撮影を終えることができました。

変幻自在のお芝居でOKテイクを連発
 「疲れメガネ」役のバニラビーンズ・リサさんが、筧さんに別れを切り出される場面は、都内の繁華街に程近い高級マンションの一室で撮影しました。最初に監督から「昔のドラマなどにありがちな男女の別れのシーン」というテーマを告げられた筧さんは、わずか一回のリハーサルで芝居の流れを把握すると、「すべて頭に入りました」とコメント。その言葉通り、本番では一度もNGを出すことなく、声に強弱をつけたり、台詞のスピードやニュアンスを微妙に変えたりなど、変幻自在のお芝居を次々と披露し、OKテイクを連発していました。

コミカルな演技を引き立てる「目」のアクションの秘密
 今回のCMの見どころでもある筧さんの「目」のアクション。「疲れメガネ」のせいで今にも閉じそうになったり、「MEKARA」と出会って開いたりといった、ユニークで印象的なまぶたの動きは、「目」の造形美術の中に仕掛けを施し、カメラから見えない首の後ろから出ているコードを、スタッフの一人が操作することで演出しています。そのため、筧さんのお芝居に合わせて、いかにタイミングよくまぶたを開閉させられるかが一番のポイントでしたが、熟練の技術を駆使したアクションの数々は見事の一言。中でも筧さんが「MEKARA」と出会った瞬間、パチンとまぶたが勢いよく開くシーンは絶妙のタイミングで、カットが掛かった瞬間、現場からたくさんの笑いと拍手が沸き起こりました。

■筧利夫(かけい・としお)
【生年月日】1962年8月10日
【出身地】静岡県
【略歴】大阪芸術大学卒業後、鴻上尚史主宰の劇団「第三舞台」に所属し、舞台俳優としてのキャリアをスタート。「幕末純情伝」など、つかこうへい作品で注目を集め、以後、代表作の「踊る大捜査線」シリーズをはじめ、映画、ミュージカル、テレビドラマ、バラエティ番組、ナレーションなど、幅広い分野で活躍している。現在、朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系列)に木曜パーソナリティーとして出演中。

■バニラビーンズ(レナ・リサ)
 北欧の風にのってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気を持つ“オシャレ系ガールズユニット”。数々のユニークなプロモーションを行う“実験型アイドル”である一方で、ビジュアルとサウンドは一流クリエーター達の手によって徹底的にオシャレに作られており、テレビ・ラジオ番組などのパーソナリティーとしても活躍している。