アートフレームに加工

PDF リリース全文
(417KB)

2013年5月31日

6月の環境月間 特別仕様『リユースできるダンボール』でお届け!

2013年5月31日

株式会社千趣会

千趣会 2013年環境支援テーマ「グリーンプロジェクト」施策
6月の環境月間 特別仕様『リユースできるダンボール』でお届け!
~お届けダンボールをフォトフレームやアートフレームに再利用~

 株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:田邉道夫 以下千趣会)は、毎年6月を環境月間と定め環境支援をテーマに啓蒙活動を実施しています。
今年の環境月間では、6月の1ヶ月間、運営するベルメゾンでお買い上げいただいた商品の配送ダンボールに特別仕様のリユースアイデアを加えた『リユースできるダンボール』でお届けします。

 千趣会では、これまでもダンボールの薄肉化や簡易包装を実施し、容器包装資材の使用量の低減に取組むと共にお客様へのリユースの提案なども行ってきました。
今回は、その一環として6月にお届けする商品に環境月間の特別仕様のダンボールを使用します。(一部、特別仕様ではないダンボールの場合もあります。)
これは、お届け後は捨てられるだけのダンボールが“お客様の手元で何か暮らしにいろどりを添えるようなことに役立てないか”と考えたもので、お客様のちょっとした工作でフォトフレームやアートボードとして活用できるよう工夫を施しました。デザインは、女性クリエイターのスズキトモコさん( http://www.tomo-com.com/ )に依頼し、エコロジー・自然をイメージしたモチーフを取り込んでいます。

 千趣会は、本年3月11日に新たにお客様と取組む社会貢献活動senshukaiのスマイルコミュニケーションサイト「えがおの森」( http://www.senshukai.co.jp/egao )を立ち上げました。その内一つに新たに環境対策に取り組む「グリーンプロジェクト」をスタートさせ、省資源・省エネルギー・自然環境保全などに取り組んでいます。これまでも、千趣会では毎年6月を環境支援の強化月間として活動を行ってきましたが、「グリーンプロジェクト」でも引き続き6月を強化月間として、今後も、環境支援をテーマにした活動を強化推進していきます。なお、容器包装の使用量低減への取り組みは、環境月間以降も継続し、「えがおの森」サイトにて報告していきます。

 千趣会は、「ウーマン スマイル カンパニー」として、人や環境に笑顔をひろげていく社会貢献活動を“えがおの森プロジェクト”と名付け、“お客様と一緒に。みんなを笑顔に。”をコンセプトに一つひとつできることから始めていきます。


<関連サイト>
スマイルコミュニケーションサイト「えがおの森」URL:http://www.senshukai.co.jp/egao