2013年5月29日

株式会社ユナイテッドアローズ、アクセンチュアの協力のもと、次期商品管理システムの構築に着手

2013年5月29日

株式会社ユナイテッドアローズ
アクセンチュア株式会社

株式会社ユナイテッドアローズ、アクセンチュアの協力のもと、
次期商品管理システムの構築に着手

システム刷新と保守・運用サービスを包括した
“マネージドサービス契約”をアクセンチュアと締結

【東京発、2013年5月29日】 株式会社ユナイテッドアローズ(代表取締役 社長執行役員: 竹田 光広、東京都渋谷区、以下、ユナイテッドアローズ)とアクセンチュア株式会社(代表取締役社長: 程 近智、東京都港区、以下、アクセンチュア)は、ユナイテッドアローズの次世代基幹業務システムに関わる改革である「UA 2.0」の実現に向け、「次期商品管理システム」構築にかかる契約を締結し、構築に着手したことを発表します。本システムの稼働は2014年より段階的な稼働を予定しています。

ユナイテッドアローズでは、次世代の業務システムに関わる「ヒト・モノ・カネ」を対象とした全社規模の改革プロジェクトとして「UA2.0」を推進しています。「UA2.0」では、マルチ型ビジネスを支える共通基盤の構築、ビジネス変化に即応できる柔軟性およびスピードの確保、ITコスト構造の適正化などを改革コンセプトして掲げており、ユナイテッドアローズのさらなるビジネス成長実現に向けた、重要な取り組みと位置づけています。

アクセンチュアでは、「次期商品管理システム」の構築に加えて、稼働後のシステム保守・運用サービスを受託しました。システム構築と保守・運用サービスを一貫して提供する、“マネージドサービス”により、本来であれば大規模な初期投資が必要となるシステム構築費用を、複数年の保守・運用業務を含めるサービス費用として平準化することで、ユナイテッドアローズの初期投資削減、ならびに長期的なコストの平準化を実現します。

「次期商品管理システム」では、日本マイクロソフトが提供するERPソリューションMicrosoft Dynamics AX 2012を採用しました。マイクロソフト製品との高い親和性、ユーザー嗜好に合わせて画面を自在にカスタマイズ可能な柔軟性、および統一プラットホーム上への容易な導入性が高く評価されました。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約26万1000人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを生かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2012年8月31日を期末とする2012年会計年度の売上高は、279億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。