PDF リリース全文
(241KB)

2013年5月23日

ECHONET Lite 及び Wi-SUNを搭載した小型・省電力 “無線機” の開発に成功

2013年5月23日

独立行政法人 情報通信研究機構
http://www.nict.go.jp/

スマートメーター用通信標準規格「ECHONET Lite」及び「Wi-SUN」を搭載した 小型・省電力“無線機”の開発に成功

 独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長: 坂内 正夫)は、スマートハウスにおいて設置されるスマートメーターや各種家電機器と宅内エネルギー管理システム(HEMS)を接続するための通信規格である、HEMS アプリケーション用国際標準通信規格「ECHONET Lite」及び 国際無線標準通信規格「Wi-SUN」の両規格を搭載した“無線機”の開発に世界で初めて成功しました。この無線機は、ECHONET Lite 規格を制定するエコーネットコンソーシアムが規定した規格適合性認証審査に合格し、Wi-SUN に対応したECHONET Lite 機器として初めて認証登録されました。
 今回の開発の成功により、NICT が主導的に規格化を行ってきたWi-SUN 規格が、ECHONET Lite 向けホームネットワーク通信インタフェースとして商用に十分耐えうることが証明されたとともに、両規格を基にしたスマートメーターの開発がますます加速していくものと期待されます。
 なお、この無線機は、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2013」(5 月29 日(水)~31 日(金)東京ビッグサイトにて開催)で展示する予定です。  http://www.wt-park.com/

【背景】
 昨今、宅内やビル内の機器の運用状態や消費電力等を管理・制御し、人にも自然にも優しい環境作りを実現する「スマートハウス」「スマートビル」に関する研究開発、実用化が進められています。スマートハウスやスマートビルにおいては、電気事業者やガス事業者が提供するスマートメーターや各種家電機器がHEMS(家庭用エネルギー管理システム)、BEMS(ビル用エネルギー管理システム)に無線等により接続され、検針やエネルギーの管理・制御が行われることが想定されています。
 このHEMS/BEMS アプリケーション用国際標準通信規格として、エコーネットコンソーシアムが策定したECHONET Lite規格があります。この規格は、電気事業者が次世代スマートメーター用アプリケーション通信標準規格として採用していますが、主にアプリケーション層に関する通信規格であり、トランスポート層・ネットワーク層・データリンク層・物理層 といった、いわゆる下位層と呼ばれる部分の規定がされていなかったので、NICT では、この下位層の規格を米国電気電子学会IEEE802.15.4g/4e をベースに国内外30 社と共にWi-SUN アライアンスを通じて策定してきました。このWi-SUN 規格は、一般社団法人 情報通信技術委員会(TTC)で制定したECHONET Lite 向けホームネットワーク通信インタフェース規格である標準規格JJ-300.10 に標準方式として採択され、電気事業者が公開したスマートメーター用推奨通信仕様としても採用されています。しかし、この標準規格に準拠し、かつ エコーネットコンソーシアムが規定した規格適合性認証審査に合格した無線機の開発例は、これまでありませんでした。

【今回の成果】
 今回NICT は、Wi-SUN アライアンスから提案され国内標準として制定されたTTC JJ-300.10 規格(方式A 及び方式C)に準拠し、かつECHONET Lite 規格を搭載した“無線機”を開発しました。この無線機をスマートメーターや家電機器、HEMS、BEMS に組み込むことにより、家電機器の制御等を行うことができるだけでなく、エネルギー管理を無線で容易に行うことができます。また、IP ( IPv6 、6LoWPAN)及びnon-IP にも対応した機能が搭載されるため、利用者の想定する各種ネットワークに柔軟に対応することが可能です。さらに、この無線モジュールは、エコーネットコンソーシアムが規定した規格適合性認証審査に合格しています。

【今後の展望】
 今回開発した無線機は、ECHONET Lite 規格(アプリケーション層)にWi-SUN 規格(ネットワーク層など)の機能を初めて実装し、かつエコーネットコンソーシアムの審査に合格していることから、近い将来、商用につながると期待されます。NICT は、今後も、規格認証団体「Wi-SUN」仕様に準拠し、電気事業者・ガス事業者の仕様に対応したスマートメーター/HEMS /BEMS 向けの無線機の研究開発を行うとともに、開発品(ハード・ソフト)の技術移転を推進していきます。