2013年5月21日

ビッグデータ分析を強力に支援するプラットフォーム「Teradata Active EDW 6700」販売開始

2013年5月21日

日本テラデータ株式会社

日本テラデータ、ビッグデータ分析を強力に支援する最新Teradataプラットフォーム「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700」を販売開始
-ファブリック・ベースド・コンピューティングの考え方でTeradata Unified Data Architectureに柔軟性と圧倒的なパフォーマンスを実現-

日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦)は、Teradataデータウェアハウス(DWH)用超並列プラットフォームの最上位機種の新モデル「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700(以下、Teradata Active EDW 6700 )」を本日より販売・出荷開始します。

Teradata Active EDW 6700は、Teradata Active EDW 6690およびTeradata Active EDW 6650の後継機種で、最新プロセッサーの採用による大幅なパフォーマンス向上や、新しいキャビネットデザインによる設置面積の削減を実現しました。また、テラデータが提唱するビッグデータ分析環境「Teradata Unified Data Architecture(Teradata UDA)」のための通信能力を強化しています。

Teradata Active EDW 6700では、ハイパフォーマンスなSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と大容量のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)の両方を搭載するハイブリッド型ストレージ構成の6700Hモデルと、HDDのみを搭載する6700Cモデルを提供します。それぞれ最新のインテルXeon E5プロセッサーを搭載、ノード間の接続にはMellanox社のInfiniBandを採用し、接続ソフトウェアのTeradata BYNETの最新バージョン5(BYNET V5)との組み合わせで最大2,000の並列処理ノードの接続が可能です。
キャビネットは42Uラックキャビネットを採用し、デザインも新しくなりました。ノード、ストレージアレイ、仮想化管理サーバー、InfiniBandスイッチなどを同一キャビネットに搭載可能で、設置スペースは前モデルのTeradata Active EDW 6650の場合と比べ、両モデルとも最大50%削減できます。

・Teradata Active EDW 6700Hは、Teradata Active EDW 6690の後継機種となり、メモリー数はキャビネットあたり8倍で、ワークロードのパフォーマンスは最大40%向上しています。Teradata Active EDW 6690同様、業界最先端の仮想化ストレージ技術Teradata Virtual Storageをサポートしています。ハイブリッド型ストレージの搭載により、データ容量あたりのパフォーマンスの最大化を求める企業に適しています。

・Teradata Active EDW 6700Cは、Teradata Active EDW 6650の後継機種となり、最大61ペタバイトのデータ処理が可能で、従来のHDDモデルTeradata 5600までの既存システムとの共存接続(Co-Existence)をサポートします。また将来SSDを追加することで、ハイブリッド型ストレージ構成へアップグレードすることが可能です。多数のユーザー利用を前提とする全社利用環境において、特にストレージ容量を重視する企業に適しています。

Teradata UDAでは、各プラットフォーム間の接続は、高速かつ高信頼のデータ通信を実現するためにInfiniBandに統一しました。“ファブリック・ベースド・コンピューティング”の考え方に基づき分析要件に応じて異なるプラットフォームを自在に活用できる環境を提供する事で、ビッグデータ時代におけるビジネス・アナリティクスの推進を強力に支援します。Teradata Active EDW 6700をTeradata UDA環境に組み入れることで、Teradata UDA全体に柔軟性と圧倒的なパフォーマンスの実現が可能になります。

Teradata Active EDW 6700の価格は、6700Hハイブリッド型ストレージモデルの最小構成でハードウェア、ソフトウェア込みで1億9,800万円(税別※1)、6700C HDDモデルの最小構成でハードウェア、ソフトウェア込みで1億4,400万円(税別 ※2)からです。
リアルタイム性が求められるオペレーショナルBIや、大量データに対する複雑な分析が必要なデータマイニングやCRMなど、多数のアプリケーションを同時に稼働させることが必要な企業を中心に導入を見込んでおり、直販およびパートナー経由で販売します。

以上


(※1)Teradata Active EDW 6700H : H/W構成・・・1ノード+1ホット・スタンバイ・ノード(CPU 使用率 50%)、SSDおよびHDD搭載、ユーザーデータ容量7TB(非圧縮)、仮想管理サーバー(VMS)
S/W構成・・・Teradataデータベース、Teradataユーティリティ(データロード・ツール、接続ツール、管理ユーティリティ)

(※2)Teradata Active EDW 6700C : H/W構成・・・1ノード+1ホット・スタンバイ・ノード(CPU 使用率 50%)、HDDのみ、ユーザーデータ容量13.7TB(非圧縮)、仮想管理サーバー(VMS)
S/W構成・・・Teradataデータベース、Teradataユーティリティ(データロード・ツール、接続ツール、管理ユーティリティ)

# # #

■当プレスリリース全文および仕様はこちら
http://www.teradata-j.com/press/2013/20130521.html


【参考情報】
■ファブリック・ベースド・コンピューティング
ハイスピードなインターコネクトに接続された、疎結合のストレージ、ネットワークおよび並列処理機能から構成されるコンピューティング・システムを指します。テラデータは、Teradata UDAを具現化する方法として、このファブリック・ベースド・コンピュ-ティングの考え方を利用しており、高速なシステム間接続ハードウェアに業界をリードするMellanox社のInfiniBandを採用しています。

■Teradata Unified Data Architecture (Teradata UDA)
Teradata UDA は、統合データウェアハウスのTeradata、ビッグデータ分析プラットフォームの Teradata Aster、そしてオープンソースの Apache(TM) Hadoop の 3つのデータ・プラットフォームを相補的に活用するために、プラットフォームへの透過的なアクセスやプラットフォーム間での自在なデータ移動、さらには各プラットフォームの一元的な管理を実現するアーキテクチャです。あらゆる種類のデータを収集し、分析する環境を、あらゆる人に提供することが可能となります。  
詳細はこちら:http://www.teradata-j.com/product/unified-data-architecture/index.html

■Teradata BYNET
Teradata BYNETは、何千という超並列処理(MPP)システムにおいて実証済みの接続通信ソフトウェアです。BYNETでの接続通信は、クエリー実行中のデータのソート機能、ユニークなポイントツーポイント機能、ブロードキャスト通信機能などを提供しており、Teradataならではの差別化技術です。

■Teradata Virtual Storage(TVS)
TVSは、頻繁に使用する“ホット”データは高速なSSDに、あまり利用しない“ウォーム”データや“コールド”データはHDDに自動的に保存する機能です。TVSは時間と共に変化するデータの使用状況を監視し、温度が変化したデータを自動的に適切なストレージへ移行、最適なパフォーマンスを維持します。
詳細はこちら:http://www.teradata-j.com/product/sw/sw_20.html

# # #

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。http://www.teradata.com/

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。 Teradata Unified Data Architecture、Teradata BYNETは、米国テラデータ・コーポレーションにおける商標または登録商標です。