PDF リリース全文
(6,988KB)

2013年5月17日

展覧会「小沢剛 高木正勝 アフリカを行く」映画「アフリカ人の描くアフリカ」TICAD Vパートナー事業

2013年5月17日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

*入場無料*「小沢剛 高木正勝 アフリカを行く」展
アフリカ映画の特別上映会「アフリカ人の描くアフリカ」
【第5回アフリカ開発会議(TICAD V)パートナー事業】

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、6月に横浜で行われる第5回アフリカ開発会議(TICAD V)にあわせ、「小沢剛 高木正勝 ―アフリカを行く」展と、関連のトークイベントをヨコハマ創造都市センターにて開催します。小沢剛さんはガーナへ、高木正勝さんはエチオピアに渡航し、それぞれのアフリカ体験をベースに制作した新作を発表いたします。日本とアフリカをつなぐこの2人のアーティストの作品を通して、等身大のアフリカへと誘います。
また、同会場地下1階スペースでは、アフリカ映画の特別上映会「アフリカ人の描くアフリカ」を同時開催します。シネマ・アフリカ映画祭など、国内で上映された際にも好評を博した作品を9カ国から集めました。長編10本、中短編18本を17プログラムに分けて上映します。
※入場は全て無料です※

◆「小沢剛 高木正勝 アフリカを行く」展
―日本とアフリカを繋ぐ2人のアーティスト―
 ■会期:2013年5月25日(土)~ 6月9日(日)
 ■会場:ヨコハマ創造都市センター (横浜市中区本町6-50-1)
   小沢剛展「帰ってきた、ドクター/Dr.N」(地下1階)/ 高木正勝展「うたがき」(地下3階)

◇展覧会関連 トークイベント
 2013年5月26日(日)14:00- 出演:小沢剛(本展出展作家)×小林正人(画家)
 ■定員:50名 ※先着順 
 ■テーマ:Dr.Nのルーツ、野口英世を語る。
 アフリカに最もゆかりの深い日本人の一人、千円札の顔でもある野口英世について、敬意と愛着を寄せる2人のアーティストが語り尽くします。今回発表される新作《帰って来たDr.N》が生まれた経緯、第一世代の国際人である野口の様々な顔、日曜画家でもあった野口、などインスピレーションに富んだ人物をアーティストからの視点で掘り下げていきます。

作家略歴はこちらから → http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1304/04-03.html

◆アフリカ映画の特別上映会「アフリカ人の描くアフリカ」
 ■会期:2013年5月25日(土)~6月9日(日)
 ■会場:ヨコハマ創造都市センター地下1階スペース(横浜市中区本町6-50-1)
 *すべて日本語字幕付、DVD上映
 
◇アフリカ映画 関連トークイベント(アフリカに縁の深いゲストを迎え、トークショーを行います)
 ■6月1日(土) 14:00~ 松本仁一氏(朝日新聞元中東アフリカ総局長)
朝日新聞の記者として長年にわたりアフリカ報道に携わり、『アフリカを食べる』や『アフリカ・レポート』の著者が、アフリカの食文化をご紹介します。
 ■6月2日(日) 14:00~ ダウィット・ギルマ氏(映画監督)
 ※『ヤルク・フィキル"遠距離恋愛"』ほか4作品の上映に続いてトークを行います。
日本在住のエチオピア若手監督、ダヴィット・ギルマ氏が自身の作品『ヤルク・フィキル』をとおしてエチオピアの映画制作の今を語ります。

上映作品・スケジュールは、こちらから → http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1305/05-04.html

<展覧会関連>主催:国際交流基金 (ジャパンファウンデーション)/<映画会関連>主催:国際交流基金、コーディネート:シネマトリックス/特別協力:シネマ・アフリカ実行委員会/協力:なら国際映画祭