PDF リリース全文
(937KB)

2013年5月21日

マンション管理組合向けに設備なども保障される民間初の地震保険「リスタ」が登場

2013-5-21

ヤシマ工業株式会社・SBI少額短期保険株式会社

マンション管理組合向けに設備なども保障される民間初の地震保険「リスタ」が登場

ヤシマ工業株式会社とSBI少額短期保険株式会社は、連携してマンションの管理組合向けの全く新しいタイプの地震保険を発売しました。この保険は、マンション管理組合の声を聞きながら従来の地震保険の欠点を克服するために開発されました。

従来の地震保険では、マンションの主要構造部(柱、梁など)以外は補償の対象外です。つまり、給排水管、ドア、サッシ、電気設備など地震で真っ先に損傷を受ける非構造部では費用がどんなにかかってもその修繕費用に保険金は出ません。時にこのような費用は数千万円にものぼり、管理組合の修繕積立金では対応できないことも多く発生していました。

こうした管理組合の声を踏まえ、少額短期保険の仕組みを利用して非主要構造部も補償する初めての民間保険を開発しました。
例えば3000万円の掛け金であれば年額わずか15万円弱(東京都の場合)で保障され、また保険の査定も行政が発行する「りさい証明」をそのまま利用するなどシンプルで安心感が高いのが特長となっています。

この新型保険は日本最大級のマンション管理組合ネットワークである「マンション100年倶楽部」に参加するマンションを中心に提供されますが、現在同倶楽部に参加していないマンションも簡単な登録で保険に加入できるようになります。