PDF リリース全文
(280KB)

2013年4月30日

パラマウント・ピクチャーズと国内における商品化権の代理店契約を締結!

2013年4月30日

株式会社東北新社

パラマウント・ピクチャーズと国内における商品化権の代理店契約を締結!

 株式会社東北新社(東京都港区・植村徹社長)は、このほど、100年以上の歴史を誇るハリウッドのメジャースタジオであるパラマウント・ピクチャーズと、同社が保有する映画作品の日本における商品化運用の独占代理店契約を締結しました。

 今回、パラマウント・ピクチャーズより商品化権代理運用を委託された作品群は、新作映画『World War Z』『Noah』をはじめ、『ミッション:インポッシブル』『ゴッドファーザー』シリーズ、『トップガン』『グリース』『ティファニーで朝食を』『ローマの休日』を含む数百タイトルです。その中には、東北新社が国内における肖像権代理運用を行っているオードリー・ヘプバーンの名作が多数含まれることから、今後は肖像権と映画権を一元化した商品化ならびにプロモーション使用機会の拡大が見込まれます。

【東北新社】
CM制作、プロモーション制作、WEB制作、日本語版制作、テレビ番組・劇場映画制作、BS・CS放送関連事業、キャラクターライセンス事業など、映像を基盤とした多岐にわたる事業を展開する総合映像プロダクション。キャラクターライセンス事業では、『牙狼<GARO>』シリーズなどのオリジナルキャラクター、『勇者ライディーン』『サンダーバード』『宇宙戦艦ヤマト』などのロングセラー作品、「ひつじのショーン」「フィリックス・ザ・キャット」「トッポ・ジージョ」といった海外キャラクター、さらに「オードリー・ヘプバーン」「三船敏郎」などの著名人の肖像権代理運用など、幅広い分野において商品化権の運用を行っている。

【パラマウント・ピクチャーズ】
Viacom(ナスダック:VIA, VIAB)の傘下において、娯楽映画の世界的な製作及び配給を手掛け、著名かつ評判の高い映画、テレビ、デジタルエンターテインメントブランドなどのコンテンツを扱うリーディングカンパニー。パラマウント・ピクチャーズ、パラマウント・アニメーション、パラマウント・ヴァンテージ、パラマウント・クラシックス、インサージ・ピクチャーズ、MTVフィルム、ニコロデオン・ムービーズなど、娯楽映画において最もブランド力のある作品群をパラマウント社が管理している。その他の事業として、パラマウント・フェイマス・プロダクションズ、パラマウント・ホーム・メディア・ディストリビューション、パラマウント・ピクチャーズ・インターナショナル、パラマウント・ライセンシング、パラマウント・スタジオ・グループが挙げられる。

【会社概要】
代表者:植村 徹
設立 :1961年4月1日
資本金:24億8,700万円
事業内容:総合映像プロダクション
http://www.tfc.co.jp/