PDF リリース全文
(301KB)

2013年4月30日

スタッフステーション用什器「カートピット」発売

2013年4月30日

株式会社岡村製作所

スタッフステーション用什器「カートピット」発売
スマートな配線処理・電源供給を実現し、看護スタッフの機動力を支える多機能ユニット什器です。
ナースカートを並べて整理が可能で、ノートパソコンへの充電ができます。

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、スタッフステーション用什器「カートピット」を、2013年4月30日(火)より発売いたしました。
「カートピット」は、スマートな配線処理・電源供給を実現する、看護スタッフの機動力を支える多機能ユニット什器です。スタッフステーションで、病棟回診から戻ってきたナースカートを整然と並べて整理することができ、カートに載せられたノートパソコンに電源供給しながら電子カルテへの入力作業を行うことができます。また、オプションの天板を設置すれば、ナーステーブルと同様に使用可能で、連絡・相談の拠点とすることができます。必要に応じて、アッパーユニットやカウンタートップ、天井配線用支柱などを組み合わせることで、カートピットをより機能的に使用することが可能です。

―「カートピット」の特徴―
1.スマートな配線処理・電源供給
カートピットは、本体の幅を抑えたスリムな設計で、内部は配線の余長コードやコンセントタップの収納スペースとなっています。化粧パネルは、工具無しで両面とも取り外すことが可能で、配線処理や内部のメンテナンスを容易に行うことができます。
カートピット上面には配線キャップが設けられており、コンセントユニットの設置により、ナースカートに載せたままのノートパソコンに充電することができます。コンセントユニットは、1800Wタイプでは4個(コンセント8口)、1200Wタイプでは3個(コンセント6口)まで使用できます。
また、ナースカートが当たったときの静音対策として、緩衝材(当たり止め)を標準装備しています。T字型の脚をまたがせてナースカートを格納することが可能で、カートの台数が増えた場合でもカートピットの増設は不要です。

2.豊富なオプションによる展開
カートピット本体にオプションの天板を設置することで、ナーステーブルと同様に使用することが可能です。
必要に応じてアッパーユニットやカウンタートップ、モニターアームを組み合わせることで、カートピットをより機能的に使用することができます。また、天井配線を行う場合には専用の支柱を用意しています。従来はコードがぶら下がった状態で乱雑になりがちであった天井配線についても、支柱に付属する樹脂製の縦ダクトを通してすっきりと配線することが可能です。

□価格: カートピット(本体) 1800W 173,775円 (本体価格 \165,500円)
1200W 145,635円 (本体価格 \138,700円)
□初年度販売目標: 1億円